無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15
放課後…
『チェヨン帰ろっ!!!』


🐯「いいよん🎵」



















🐯「うち、今日塾だからここで!!」


『あ!そうだったね~』


『バイバイ!』


🐯「ばいばい~!!」







コンビニ寄ろ←














店員「いらっしゃいませ~」





私はミルクティーとチョコチップクッキーを取ってレジに並んだ.



『(なんでこんなに混んでるのかな??)』


少し前を覗いてみると…



女の子達がレジの前で話していて、列が全然進んでいなかった.



『(や、さすがに迷惑…)』


『あ、あの…』


私が注意しようとしたとき…





??「あの、そこ邪魔なのでどいてくれませんか??」


と誰かが言った.
















え、この人めっちゃナイスじゃん



と思いながら振り返った.






あれ、、、




『ハニ??』















>>>>next