無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

23
そっと玄関のドアを開ける.
















ガチャ



(わ、靴があるよ。多分これ、ハニのだ)





リビングへ行くと



オンマしかいない、



『オンマただいま~』


👩「ああなた~!やっと帰ってきた、ジョンハンさんが部屋で待ってるよ!急げ!」


『おっけい.』












ガチャ))




『ハニ~』














しーーーーーーーーーん








『あれ、??』





『ハニ??』







部屋中見渡した、けどハニの姿が見当たらない




『トイレかな??』



ギシ、



『え』


ベッドから音がする











密かに膨らむ布団が見える.




















ハニだ、



















バサッ!!!











👼「イヒヒ」





布団をめくった瞬間、笑うハニがとても可愛かった,






👼「なにしてたの??」



『えっと、居残り』



👼「ださ、」



『いや、てか、ハニこそ何してるの?』



👼「かくれんぼ」



『…(  ˙-˙  )勝手に女の子の布団の中入ってるとか引くわ~←』



👼「、」












グイッ











いつの間にか私はハニとの距離が近くなった













『え?なに…』



👼「引くとか言うなよㅋㅋ」



『だって…』



👼「あなたも布団の中入ってよ、」



『え、なんで!』



👼「寝よう??」



『でも、ハニ勉強教えないと、』



👼「後ででいいのッ」



👼「ほらっおいで」



『わっ、!』



バサッ!!!



👼「ㅋㅋ」



『///』



👼「?」


『近い、近い』



👼「ふーーーん、恥ずかしいんだ??」



『ううん、別に//』



👼「あーーーもう、」


























チュッ







『ん、んッ///』



👼「んっ」



『ハニぃ??///んっ、やめて』



👼「((グッ))んっ、」




舌を入れてきた.




『んっ、ッん///』




『くるし、いハニぃッ///』



👼「ッ」


『プハァ///』



👼「可愛すぎるの、」



『え?///』



👼「チュッ」



『んぁ、ちょっ//』











『え、//』



首にキスマを付けてきた,








『なんでこんなことするのッ??//』



👼「我慢するため~ッ」


『なにを?』


👼「キス以外を、」



『?』


👼「だから、ッ」



『ヒャッ///』



ハニがイヤらしく太ももの内側を指でなぞってきた.




👼「こういうこと」



『うんんっ//』



👼「ㅋㅋ」



ハニは笑いながらいきなり胸を揉んできた。






『ャ、ッやん、やめてよッ///』




👼「やめないし?」



『ッ、んっ//』



👼「ピタッ」


いきなり、ハニの動きが止まった.



👼「やっぱりまた今度続きしよーねッ」


『えッ??//』


👼「ニヤ))ッㅋㅋ」

























その時のハニの顔には色気を感じた.
















>>>>next






















r18.入れてみました、、
























下手ですねㅋㅋ





















色んなコメント待ってます🥺