無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

38
㌧㌧


「わ、オッパ野菜切るの上手、」



🐰「そう?」



「うん、はやいし!」



🐰「ありがとう~」



🐰「ね、あなたさっきまでどこ行ってたの??」



「んとね、ハニっていう人とデーt、じゃなくて、お出かけしてた!」



🐰「で、でーと?!!」



「あ、違う違うw」



🐰「ハニって?」



「家庭教師!」



🐰「んぇ!?そんなに仲いいの?」



「うん?」



🐰「でもさ、あなたこれからは家庭教師いなくていいと思うよ?」



「へ?なんで?もう頭良くするのは諦めろってこと??」



🐰「いや、」



🐰「俺、勉強教えれるもん!」



「ほんと?!」



🐰「うん!だから家庭教師いらな…」



「でも、今の家庭教師にはお世話になってるし!辞めさせる訳にはいかないかな!」



🐰「あなたは、」



🐰「やっぱり優しいね~😭」



🐰「オッパ泣いちゃいそうだよ~」



「もう、涙出てるよ、オッパ」


🐰「さ!ご飯作ろ!」


「うん!」



________________

🐰「あなた!先にお風呂入ってきなよ~!」


「いいの?」


🐰「うん!」


「行ってきまーす」


_________________

「オッパ~上がったよ」


🐰「じゃ俺も入ってくる~」


「うん!」


🐰「それと、そこの机に置いてあるの飲んでいいからね!」


「はーい!ありがとうオッパ」


🐰「((ガチャ))」


「喉乾いたし飲もう、(〃’σ`ゴクッッ..」


「おいしぃ!!!!!!!!!」










>>>>next
















この小説の画像消された☆