無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

26
ここら辺、夜になっても街灯、灯らないし怖いんだよね、



後ろから貞〇子来そうだし←考えるだけでトラウマ













そんなこと考えてると…






👼「あなた?」


『んぇ?!』






あ、焦ったわぁ…



👼「おかしいだろㅋㅋなにビビってんのw」



『は、はは…』


👼「なに、なんかさっきからボーッてしてさ…」


『いや、そんなことないし』


👼「ふぇ~」



ふぇ~ってなに、まだ「へ~」の方がマシだわ←






























コンビニ到着☆



👼「あなた、夜ご飯食べた??」



「そういえば食ってない」



食ってないとか、w)作者☆



👼「なんか、食べたいのとってこいよ」


「あ、うん」






















数分後…


「はいッ」


👼「は、、躊躇なく人のカゴに入れるんだな」



「うん!だって財布なんか持ってきてないし!」



👼「ま、買ってやるけど」


「、(なにこいつ、上から目線、)」



















店員「ありがとうございましたぁ⤴︎ ⤴︎」←ェ







👼「ここ、ほんと暗いな」


「うんうん、街灯の意味」


って言いながらハニの方を向くと


髪の毛になんか、ついてる









「ほこり?」



👼「え、」



「あ、えと」



フッ…





←あ、ハニ様の髪の毛についてるほこりとる音(は?)です。表現の仕方馬鹿丸出しですね





👼「なに、そんな見えてた?」


「うん、」


👼「ありがと」



「いいえ?」


👼「…ねぇ」



「ん?」



👼「帰ったら何する?」


「勉強だよ」


👼「あー、まだ終わってないんだっけ?」


「うん、」










>>>>next