無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

18
『おはよぅ!チェヨン』


🐯「おはよ~あなた!!!」


🐯「ちゃんとレポートまとめる奴してきた??」


『うん、』


🐯「なら、よかっ…」


『してない!』


🐯「え?」


『いや、昨日お風呂に入って、9時には寝たんだよね…』


🐯「今日、ドギョミン((担任))いないから、あのジフン先生だよ???」


『…怖いんだっけ?』


🐯「うん」


『仮病使おうかな←』


🐯「うん」


『保健室行って参る( ¨̮ )‪‪』


🐯「先生にあなたさん気分悪いって言っとくわ☆」


『ㅋㅋ』


『ありがと!』←悪いやつ








































保健室__.

コンコンッ


『失礼します~』


🐰「どうぞ、、ってあなたちゃん!!」


『シュア先生~!!』


🐰「あなたちゃんが保健室って珍しいね」


『ちょっと気分悪いんですよ~』


🐰「そう?熱はかろっか」


『はい🙄』













ピピピ




🐰「何度だった??」


『…』



🐰体温計を見る「36.6…」


🐰「熱はないね!!!良かったじゃん!!!」


『シュア先生~実は

(小声)レポートまとめてくるの忘れて、ジフン先生が今日ドギョミンの代わりなんですッ😭』


🐰「ㅋㅋ」


『…😢』


🐰「いいよ、ここにいて」


『ありがとうございます~!!!シュア先生やっぱり優しッ!!!』


🐰「てか、あなたちゃん勉強はどうなの??」


『えッ…??』


🐰「高一、高二までは僕あなたちゃんの勉強たまに教えてたけど最近あなたちゃん来ないから勉強してるのかな~ってㅋㅋ」


『ちゃ、ちゃんとしてますよ!!!ㅋㅋ』


🐰「そう?よければ、僕が勉強教えるからいつでも来てね」


『シュア先生って言うこともかっこいい~☆』


🐰「え、ㅋㅋ」


『ㅋㅋ』


🐰「あなたちゃんは可愛いよ」










>>>>next