無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
『ただいま〜』














あ、まだ誰も帰ってきてないんだった






(本日2回目のボケ)



















寝よ、













__________________



1時間後…











👩「あなた〜」





『んー?ねむーーーー』




👩「そんなとこで寝てたら風邪引くでしょ」





『すみませんねぇ〜』





👩「そういえば、課題は終わった?」






『あ🙄まだかも🤔』





👩「まだかも、じゃねーよ、はよ、やりな」





『そんなに急かさないで〜やる気なくなるじゃんか😭』





👩「お菓子あげるから」




『うん、今すぐします』←







👩「いい子いい子」







お菓子食べたい☆





『お菓子どこーーー』



👩「いいから、まずは課題して」







『え!お菓子あげるって言ったじゃn...』







👩『あとで部屋に持ってくから!!!』









『あー、なるへそ、、、早く、持ってきてね☆』






👩「…(無視」













____________

部屋に移動☆
















ガチャ))






通学用リュックから



学校からの課題を取り出す.






おっと、テストの結果が出てきた.



ま、いいや、←え

























🎼.•*¨*•.¸¸🎶🎼.•*¨*•.¸¸🎶←音楽聞いてる







『SEVENTEEN!!!』



……


『おっちょな、おっちょな〜』





『ふーーー!⤴︎ ⤴︎⤴︎』


←アホみたいㅋㅋヲタクだから許せ















コンコンッ))部屋のドアをノックする音





あなたには聞こえてない☆←イヤホンガンガンnow











👩「入るよ〜」





ガチャ))



👩「あ、また音楽聞きながら…」







ブチッ))イヤホンを取る.←決してちぎっておりませぬ。





『え、は、なに?』))振り返る





『ゲッ、(まじで早く来るやん)』





👩「なによ、ゲッって、てか、早く来るやんって聞こえてる」




『ゲッ(二回目)』





👩「はい、お菓子。あと、音楽聞きながら課題すんな〜、頭に入らないぞ‪‪❤︎‬」




>>>>next