無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

24
それから私は、布団から出て勉強を始めた.



















ハニは…



























ずっとこっちを見ている.


















『……』
















勉強していても気分が落ち着かない.














静かな部屋.






ハニが喋らない.






















だからこそ、勉強に集中出来そうなのに…


できない.




















さっきのことで気まずいけど話さない方が気まずい。













『ね、ねぇ、ハニ』


ハニは、なに?というように眉を上げる.





『こっち来てよ、』


👼「ん、なんで、」



『勉強教えてよ、』























👼「ねぇ、今日泊まってもいい??」



『は?』












なんか言うのは分かってたけど。


いきなりそんなこと言うとは思わなかった.











『ちょっと待ってて、!』


















私は少し早歩きでオンマの所に行った.
















『オンマ??』


👩「ん~??どうした?お腹空いた?」



『違くて、』


👩「うん?」












『今日、ジョンハンさん泊めていいかな』





























>>>>next