無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

37
👼「ハグするのやめてキスしてくれたらドキドキ倍で返す」



「どーやって返すの?ㅋㅋ」



👼「んとね、こんなふうに」


チュ))「んっ?!」


👼「ドキドキした?」


「…//バカ!」


「ハニはアホ!//」


「ドキドキしてないし!//」


「ほんとハニってジャイア…」



👼「ほんとはドキドキしてるくせに~ㅋㅋ」



「知らなーーーーい」



👼「かわい」


「!?」







「ハニ、ほんとに頭腐ってない?きもいよ?」



👼「え、せっかく可愛いって言ってあげたのに」



「…はぁ」



👼「帰ろッ!」



「うん」




























____________________



家に着いた、ガチャ))


🐰「おかえり」


「ただいま~…!わぁっ!ジスオッパー!ギュッ」


🐰「可愛い~!」


「オッパからかわないでㅋㅋ」


🐰「本気だよ~?」


「オッパ可愛いー!」


🐰「相変わらず元気だねㅋㅋ」



あ、実はジスとあなたは血が繋がってません!

あなたのお母さんとジスのお父さんとで再婚してました!
以上っす

___________________

🐰「あ、今日からずっとこの家にいれるよ」


「ほんと!?」


🐰「うんㅋㅋ」


「めっちゃ嬉しい、、」


🐰「良かった」


「オンマとアッパは?」


🐰「あぁ、今ちょうどお出かけ行ったんだよねㅋㅋだから、ご飯作らないと、」


「私も手伝うよオッパ」


🐰「ありがとう😊」


((「その笑顔は反則だよ」))


🐰「聞こえてるㅋㅋ」


「ㅋㅋ」



>>>>next