無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

50
知らない男
は…?
U
知らない男
へ~
知らない男
お前って俺にそんな暴力振るっていいんだ
U
(は?)(こんなんが暴力とか脳みそおかしいんじゃ…)
知らない男
こっちこいよ(グイッ
U
え、ッ









そいつに引っ張られ例の教室に






入った










U
なにすんの、、帰るんだけど
知らない男
 態度変わりすぎw
U
、、、(は?うざ
知らない男
ヤラせて
U
は?









そう言って、










腕を掴んで










頭の上で縛り付けられる
















(怖い…)
U
や、やめて
知らない男
いいから、黙ってよ
U
よくないから、うざっ、離してよ






いくら、暴れても逃げれない、














その男は









私にだんだん顔を近づけてくる
U
や、やだっ、なにすんの…、

















チュ…












汚い。














見知らぬ男子に口付けされた。













吐きそう、誰か助けて
U
うっ、(泣)
知らない男
wwww
知らない男
それって、誘ってるんだよね、
U
(違う、、気持ち悪い)
U
ッ…(泣







言い返したいけど、







怖くて泣くことしかできない














そいつは、












私の制服を脱がそうとボタンを外してきた
U
やめて、ッ


ほんとにっ
知らない男
知らねーよ



ドサッ
U
はッ?!











視界が急変したと思ったら








いつの間にか









床に倒されていた
知らない男
これならやりやすいよな
U
な、何言ってんの、やめて、ッ気持ち悪い









ほんとに死んでもこんなやつとは

















やりたくない
U
やめて、!
知らない男
黙れよ、所詮女だろ
U
ッ…











>>>>next