無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

373
2021/07/11

第3話

3話
一方その頃BTSの会議では
SUGA 93 3月
SUGA 93 3月
「2週間後には、日本に行くみたいですよ」
ナムジュン 94 9月
ナムジュン 94 9月
「日本語みんなでもっと勉強しないといけませんね」
ジミン 95 10月
ジミン 95 10月
「僕は、正直不安です、仲良くなれますかね?」
ジン  92 12月
ジン 92 12月
「大丈夫だ。1人じゃない、俺たちがいる」
ジミン 95 10月
ジミン 95 10月
「そうですね!笑ありがとうございます^^*」
シヒョクさん
シヒョクさん
コンコン
「失礼するよ。一緒にシェアハウスするSnow Manさんのプロフィールを置いておくよ。」
ナムジュン 94 9月
ナムジュン 94 9月
「ありがとうございます」
テテ 95 12月
テテ 95 12月
「この、康二さんって人僕と同じで写真が好きみたいです」
グク 97 9月
グク 97 9月
「蓮さんは、僕と同じ97年です!それと、僕にも弟ができます!」
SUGA 93 3月
SUGA 93 3月
「俺も、岩本さんとかと同じです」
ホビ 94 2月
ホビ 94 2月
「なんだか、楽しみになってきましたよ!」
ジミン 95 10月
ジミン 95 10月
「僕もです!」
BTSのマネージャー
BTSのマネージャー
「お前たちー今から2日間offになったから、各自宿舎で荷造りしてきてくれ。荷物は、後日日本のシェアハウスに配送する。」
BTS
BTS
「わかりました!」