プリ小説

第40話

38
ICE(アイス)
ICE(アイス)
青眼組にはね、
さらに上の存在の眼透組って人たちが存在して
一連の騒動をそいつらが青眼組を操りながら
遠隔操作(?)って感じにしてたってこと、
JOHNNY(ジョニー)
JOHNNY(ジョニー)
青眼組を操って、
自分たちは殺さずってこと?
ICE(アイス)
ICE(アイス)
そう。そんでパワーストーンって話してたから
狙われてるのは私たちだけじゃない、

私の持ってるパワーストーンもだと思う、
JACKY(ジャッキー)
JACKY(ジャッキー)
、、、なるほどな、
パワーストーンも奴らには必要ってことか、

ジャッキーはアイスが持ったパワーストーンを見つめていた
JACKY(ジャッキー)
JACKY(ジャッキー)
、、、あれ、こんなに長く見つめとるのに、
前みたいにヒビ入らんなぁ、
ICE(アイス)
ICE(アイス)
持ち主である私が持ってるからね、
JACKY(ジャッキー)
JACKY(ジャッキー)
そっか、あ!ていうかヒビの事知っとるん?
ICE(アイス)
ICE(アイス)
パワーストーンを見れば分かる、
こんなに派手なヒビ滅多に入らない、

それにエースに聞いたし。

あ、と全員が察した。
ACE(エース)
ACE(エース)
それよりな、青眼組は元々一つやってん、
GUM(ガム)
GUM(ガム)
どういうこと?
ACE(エース)
ACE(エース)
眼透組は青眼組の強い人たちから作られた、
俺達が脳竜組と黒鳥団をやった後に
すぐ作られたらしいわ
ICE(アイス)
ICE(アイス)
それで脳竜組と黒鳥団の仇討ちをしようとした
MAC(マック)
MAC(マック)
なるほどな、

エースとアイスは整理していたホワイトボードの前の端に腕を組んで立った。
ICE(アイス)
ICE(アイス)
眼透組は最初から最後まで青眼組を使った、

自分たちの手は汚さず、私たちを殺そうとした
ってこと。
ARSENAL(アーセナル)
ARSENAL(アーセナル)
なんか綺麗さっぱり片付いた感、
MAC(マック)
MAC(マック)
眼透組は俺らを直接殺したくなかったって事か
ARSENAL(アーセナル)
ARSENAL(アーセナル)
それって結構な事やな、
TOPOO(トッポ)
TOPOO(トッポ)
で、?青眼組はどうしたん?
ICE(アイス)
ICE(アイス)
私が殺した

全員がは?となり、アイスを見た
JOHNNY(ジョニー)
JOHNNY(ジョニー)
え、ほんまに言うてるの?殺したん?
GUM(ガム)
GUM(ガム)
今青眼組を殺したら眼透組に刺激なだけじゃ、
TOPOO(トッポ)
TOPOO(トッポ)
何も話し合いでケリつけられたやろ、

アイスとエースを覗いた6人はなんでだと話を辞めなかった

アイスは近くにあった小さな机をガッと蹴り話を始めた
ICE(アイス)
ICE(アイス)
あんた達には分かんないだろうけど、
大分罵声浴びせられたよ?

眼透組には近付かせいないようにするって
言ったは言ったけどさ、
“濁して”近付かせいないようにするって、
それって存在から否定されてる様なもんじゃん

生きてる価値もなければ、
俺ら(青眼組)が殺してあげられる価値もない、
お前らを殺したって俺らの手は汚れない、
汚れるほど良い獲物じゃない、
って
ICE(アイス)
ICE(アイス)
、、、目の前で聞いたらあんた達はどう思う?
ACE(エース)
ACE(エース)
、、、アイス、
ICE(アイス)
ICE(アイス)
私は何度も目の前で貶されたのが嫌だった、
精神的に追い込んで、言うことだけ言って、
自主はするとか偽善者ぶって言葉だけ並べて、

濁してって何?って感じだった、
ACE(エース)
ACE(エース)
、、、あなた
ICE(アイス)
ICE(アイス)
私はただ、!!
自分の存在とみんなの存在が、、、
私たちの存在が凄い貶されてる気がして、
いつもならそんなの慣れっこなのに、
目の前で全てをぐちゃぐちゃにされた気がして
、、、凄く凄く凄く嫌だった。
TOPOO(トッポ)
TOPOO(トッポ)
アイス、
ICE(アイス)
ICE(アイス)
どんなに狙われたって、
どんなに殺されそうになったって、
別に構わない、やり返せるから。

でも貶されてるのはやり返せないじゃない、
一方的に貶されてるんだから。

しかもそこで青眼組を殺さなかったら、
眼透組を倒せたあと、青眼組は今まで以上に
私たちに大きい事をなにかやらかすと思って
MAC(マック)
MAC(マック)
、、、あなた、
ICE(アイス)
ICE(アイス)
確かにみんなの元へ早く帰ろうと思った、
聞くことだけ聞いて帰ろうと思った、

でも、あのままじゃ私も亮ちゃんも殺されてる

アイスは部屋の方へ帰りながら
ICE(アイス)
ICE(アイス)
、、、私なりの最善策を取ったつもりだよ、

と苦笑いをし、部屋をバタン!!と大きな音を出して閉めた。
MAC(マック)
MAC(マック)
、、、あかん、またや、
ARSENAL(アーセナル)
ARSENAL(アーセナル)
なんで俺らっていつもこうなんやろうな、
ACE(エース)
ACE(エース)
、、、あのな、あなたはさ、多分さ、

エースがドカッと座っていた椅子を立ち話し始めた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたさん、お読みいただきありがとうございます、

作者のあめあわこです、!

本日から本作品は2日に1回の更新に変更になります!!
なので今までより更新頻度が少しだけ早くなります!

より皆さんに楽しんでいただくために変更致しました!

ご理解とご協力、今後の応援と愛読をよろしくお願いします!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

_あめあわこ
_あめあわこ
🌧 Satoshi.🐟 You.🎺 . Instagram📷 @rain_blue_824.c . Twitter🐦 @awako_satoshi_ ┈┈┈┈┈┈📖┈┈┈┈┈┈ 「あのメンバーの彼女。」 「ショコラ・ラブー私の3年間ー」 「8UPPERSーReturnsー」 完結済💮 . 「予想外な2人.」 更新中‪👐🏻 . ファン名🥀#あめ推し 読者名🕊#あめあわ愛好家 . 感想用タグ🗒#あの彼 #ショコラブ #Returns #よそふた
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る