無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

💀💀💀(Ryoga sideだと思ってください)
収録を終え皆が楽屋に戻っていく
6「あれ、あなたちゃんいない!!」
あいつどこいくんだろ
そういえば聞いてなかったな
なんて思いながら
2「リョウガー」
3「んぁ?」
2「今日二人で飲みいかね?話したいことあるし」
3「うんまあいいけど」
2「っていうかあなたどこいったんだろうね」
3「俺もわかんね」
4「あれ、あなたは?」
5「わかんないどっかいっちゃった」
7「カバンあらへんよ」
3「じゃあもう帰ったんじゃない?」
4「俺ら仕事してるっていうのに笑 マネージャーだろあいつ笑」
なんて呑気に言うたくややかいほど余裕のある男じゃない俺は一人あいつの居場所も知らず内心焦りながらも平常心を保つことに必死だった
メンバーに付き合っていることを言っていない
だからといって言うかどうかで言われたら言わない
かと言ってバレてはいけないか、、そうではない
何故言わないのかは俺たち本人もわかっていない
ただそれは暗黙の了解のようなものだった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

むん
むん
一定期間、事情によりいくつかの作品を非公開にします ・ フォロー、お気に入り登録、はーと、よろしくお願いします!コメントもお待ちしてます! はーとが来たらor気まぐれで更新 基本的に全体公開投稿にしてます よろしくお願いします︎☺︎
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る