第3話

部屋決め
1,579
2021/04/25 00:07
あなた
あなた
あのさ…
Ink
Ink
どうしたの?
あなた
あなた
今日は一旦ここに泊まるんだよね?その…寝るところって決まってあるの?
Ink
Ink
あ…。
と、インクはそのまま固まりしばしばとドリームに目を向けた。
Dream
Dream
インク…僕にそんな目を向けられても困るよ。
Ink
Ink
で、でもあなたちゃんをソファーに寝かせるわけにはいかないし…
Dream
Dream
うーん…
二人はそのまま黙り込み考え込んでいるようだった…すると__
Swap
Swap
あ!俺様いい事考えだぞ!あなたに一緒に寝たい相手を決めればいいじゃないのか?
Ink
Ink
え?
Dream
Dream
え?
スワップは自信満々に言ったつもりだったみたいだけど、二人は困惑したような表情を浮かべた。
Dream
Dream
スワップそれって…あなたちゃんと一緒に寝れるって事?
Swap
Swap
まぁ結果的に言えばそうだな!
Ink
Ink
う、嘘…あなたちゃんと一緒に寝れるとか…グフ
と、Inkの口から少量の黒い液体が出て…
Dream
Dream
Ink…口からインクが出てるよ。
Ink
Ink
ごめんつい、興奮してしまって…
Swap
Swap
じゃあ本題に戻るぞあなたは誰と寝たいんだ?
あなた
あなた
私は…
あなた
あなた
″インク″かな
Ink
Ink
Dream
Dream
インク、良かったね!(本当はあなたちゃんと一緒に寝たかったけどな…)
Swap
Swap
むえ〜じゃあ決まった事だし、次の順番を決めるぞ!インクの次がドリームで俺様で、決定でいいな?
Ink
Ink
了解!
Dream
Dream
うん!
そして、部屋決めはそこで終わった
Ink
Ink
あ、そろそろ夜ごはんの時間だね
Dream
Dream
うん。今日は僕特製オムライスだよ!今から作ってくらから待っててね
あなた
あなた
うん
Swap
Swap
行ってらっしゃいなのだ〜
ドリームはそのままキッキンに向かい早速準備に取り掛かった
Ink
Ink
あなたちゃんって好きな食べ物ある?
あなた
あなた
私?ハンバーグが好きかな
Ink
Ink
ハンバーグか…美味しいよね!今度ドリームに作ってもらうように言っておくよ
あなた
あなた
ホント?ありがとう!
Swap
Swap
俺様が作ったタコスも今度作ってあげるぞ!
あなた
あなた
うん楽しみにしてるね
その後夕食が出来るまで二人と散々と話をした
その後、ドリームに呼ばれたので食卓へと向かった。ご飯はとっても豪華だった、メインのオムライスとライス、そしてスープやサラダ等もあり私は喜んで食べた

プリ小説オーディオドラマ