無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

257
2021/11/07

第3話

3 -candy-
しばらくして私の涙が引くとジョンヨ二が離れてしまった。
Jeongyeon
Jeongyeon
ほら、お風呂入ってきな
Mina
Mina
Jihyo
Jihyo
どうしたの…?
Mina
Mina
いや…なんでもない
もっと"抱きしめてほしかった"なんて言えない。



そんなこと言ったらただのキモい人だもん。
Jeongyeon
Jeongyeon
じゃあ今日は3人で寝よ
Mina
Mina
え…?!
Jeongyeon
Jeongyeon
寂しいんでしょ?
Jihyo
Jihyo
甘えん坊さん
Mina
Mina
ち、違う…
Jeongyeon
Jeongyeon
じゃあ辞めよっか
Jihyo
Jihyo
そうだね
Mina
Mina
2人とも意地悪、もう知らない。



お風呂入って寝てるさーたんを起こして甘えてもらうもん。
Jeongyeon
Jeongyeon
あれ、いじけちゃった?
Jihyo
Jihyo
ミナおいで〜
でも"おいで"って言われると行きたくなる。
Mina
Mina
ん…
Jihyo
Jihyo
来た来た
我慢できなくて今度はジヒョに抱きしめてもらった。



またジョンヨニとは違う温かさがあって眠くなる。
Jeongyeon
Jeongyeon
私は布団の準備してくる
Jihyo
Jihyo
はーい
           ーNEXTー