無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

13話
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
若姫様…?
最近様子が良くないご様子…何かあったのですか?
鬼龍が心配そうに桜の部屋に入る。桜は色々な資料を手にして何か考えてる様だった。
桜姫
鬼龍…覚えているか?私とお前が初めて会った日のことを…
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
はい…あの日のことは今でも鮮明に覚えております
桜姫
嘘言え‪w‪w
お前あの時まだその姿になれなくて暴れてたろ‪w‪w
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
恥ずかしいかぎりです…‪w
そう言って桜と鬼龍は笑いあった。
瞬間、2人の顔から笑顔が消えた。
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
若姫様…
桜姫
あぁ気づいてるよ…
桜姫
私の街を荒らしに来るとは…まぁこちらから探る手間が省けるだけいいか
桜は立ち上がり羽織を肩にかけて中庭へと出た。
桜姫
我が百鬼よ…今一度ここに集え