無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

5話
桜姫
今…この妖の世は混乱にあります…今こそ我々各県の代表が力を合わるべきでは無いですか?
ゼルラ
ゼルラ
…(似てるなあの目…)
ゼルラは江戸妖怪の先代頭の姿を思い浮かべた。
先代の頭もそうであったように桜の目はどこまでもまっすぐ輝いていた。
ゼルラ
ゼルラ
確かに桜姫の言うとうりでは無いですかな?そもそもがしゃどくろは妖主が封じたもの…相当の実力があるに違いないでしょう。
桜姫
…!
ゼルラが桜に助け舟を出す。
他の妖怪達がしんと静まり返った。
桜姫
…今回の妖会議はこれにてしまいにさせてもらおうと思います…良い応えをお待ちしておりますよ?
そう言うと桜はクスリと笑って見せた。


妖会議…終了
〜続く〜