無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

1話
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
若姫様〜!
桜姫
ん〜
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
起きてください若姫様!
桜姫
もうちょい寝かせろ…
長華(ろくろ首)
長華(ろくろ首)
起きないと襲うわよ🎶若姫様♥
桜姫
おいコラろくろ首!
小鬼に混じって言うな!一瞬小鬼が襲うぞ🎶って言ってるのかと思って焦っただろ!
長華(ろくろ首)
長華(ろくろ首)
あらあら🎶そんなに焦らなくても🎶
桜姫
後私はもう若なんて呼ばれる年なんかじゃねぇよ
いい加減呼び方変えろよ
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
うーんじゃ、桜姫様?
桜姫
あ〜やっぱり若姫で良いわ
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
あ!そうです若姫様!
大変です!
桜姫
どうした?
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
今日は全国各地の妖の頭達が集う会議の日です!雪女がまた言うの忘れてたみたいで…
桜姫
はぁ!?今日!?
何時から!?
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
10後です
桜姫
はァァァァ!?
桜は布団から飛び起きると一瞬のうちに寝巻きから外用の着物に着替え羽織を纏った
桜姫
部屋の準備は?
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
済んでます
桜姫
人数は?
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
47名です
桜姫
今既に来てる人数は?
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
47名…全員大広場で待機しております
桜姫
私最後かよ…後で肉まん買って雪女に渡せ
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
承知しました
桜姫はものの1分で身支度を済ませ大広場の扉の前に来た
桜姫
ふぅ…
1度深く息を吸い扉を開けた
桜姫
皆さんお待たせいたしんした…頭会議を始めましょう
先程とは違うまっすぐと凛とした声が響く
広場に居た妖全員が桜の方を向いた
                                     〜続く〜