無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

14話
屋敷中にいる全ての妖が一瞬で中庭に集合し跪いた。
桜姫
相変わらず早いな…💧
長華(ろくろ首)
長華(ろくろ首)
どうなさったんですか?
桜姫
江戸に何処かの組が侵入して暴れている
全員
!?
長華(ろくろ首)
長華(ろくろ首)
それは本当ですか!?
桜姫
私と鬼龍が感じた
間違えない
桜姫
場所は…
桜が頭に手を当てて意識を集中させる。
桜姫
浅草…
桜姫
って浅草!?
桜の顔から一気に血の気が引いていく。浅草は桜の両親が住んでる街だ。父は妖だがいつもぬらりくらりと何処かに行ってしまうので今家にいるか分からない。母は人間だ。妖の襲撃が来たら大変だ。
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
若姫様…
桜姫
大丈夫…焦っていい事はねぇからな…
桜姫
行くぞ!!!
桜が足を踏み出す。
その後ろを妖達がついてくる。
その数は約百
この姿を後に百鬼夜行と言うようになったとか…
桜達江戸妖の百鬼夜行が今始まる…
だがこれは桜にとって最悪の選択だった





〜続く〜