無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

19話
桜姫
春夏秋冬
春 壱ノ舞…
桜が刀に手をかけ構える。
瞬間、目にも止まらぬ速さでゼルラの間合いに入った。
”斬   乱れ桜”
刀の振りと一緒に桜が鋭く舞う。
その刀はゼルラの首をはねた。
なっ頭!!!
桜姫
桜は首のないゼルラの体を見た。
桜姫
(おかしい…手応えが無かった…)
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
若姫様!
ゼルラの能力です!あいつの力は…
ゼルラ
ゼルラ
戦う時に首が飛ぶんだよ
桜姫
!?
見るとゼルラの首が桜の後ろでフワフワと浮いていた。
桜姫
クッ
ガッ
鈍い音と同時に桜は前に飛び退いた。
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
わっ若姫様!
ボタボタッ
桜の額から血が流れでる。
桜姫
っふぅぅ
桜は髪をかきあげると鋭く光る目でゼルラを見下ろした。
桜姫
やるじゃぁねぇか



〜続く〜