無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

2話
桜は前に進むと他の妖より少し上にある座布団に座った
桜姫
高い所から失礼いたしやす…桜にございます
桜姫
今日ははるばる全国からありがとうございます
ゼルラ
ゼルラ
かかっ‪w
相変わらずお綺麗ですなぁ桜姫さんは
桜姫
そのような嬉しきお言葉誠に嬉しゅうございます…
私しはまだ子供でありますから日々皆さんのような立派な妖になれる用務めております
桜の一声一声がその場に居る妖の耳を奪った
それで今回の話し合いですが…
桜姫
そうですね…雪女
冬華(雪女)
冬華(雪女)
はっはい〜💦
桜が言うと横の扉から涙目になっている雪女が人数分の紙を持ってきた
全国各都道府県を代表する妖の集い…その場に居るだけで泣き出してしまう威圧感の中1人入って来た雪女は今にも心臓が飛び出そうだった
桜姫
今回は…今全国を脅かしておる妖…がしゃどくろについてでございます
桜がそう言うと全員の表情が凍りついた
がっがしゃどくろと言いますとあの…
桜姫
はい
かつて初代妖主が封印したあのがしゃどくろにございます
全員が紙を手にピクリとも動かなくなってしまった
〜続く〜