無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

20話
桜は刀をかまえゼルラを睨みつける。
幸い先程の傷は浅かった。
ゼルラ
ゼルラ
ククッ…江戸妖怪の頭と言ってもまだまだ20年しか生きてない子供…爪が甘いな
桜姫
20歳でガキって言われたくねぇな
桜姫
これでも人間では大人なんだよ
ゼルラ
ゼルラ
100、200と生きる妖怪にとっては子供でしょう?
桜姫
子供子供うるせぇな…
桜姫
その子供にお前は負けるんだよ
ゼルラ
ゼルラ
クッやれるものならやってみろよ
桜姫
口の利き方…
桜は一瞬でゼルラの間合いに入った。
桜姫
教えてやるよ
桃色の髪は桜が舞っているように桜が移動した時の風に揺らされなびいていた。その髪と同じ様に桜と刀が風を切る。
桜姫
春夏秋冬
春、弍ノ型…
ゼルラ
ゼルラ
ふっ
瞬間、ゼルラ髪がのび桜の刀に絡みついた。
桜姫
なっ…
ゼルラはそのまま桜を壁に叩きつけた。
桜姫
ガッ…
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
若姫様!!!
端で見ていた鬼龍が桜の傍に駆け寄る
桜姫
鬼龍…大丈夫だ…
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
大丈夫って…背中から血が…!
慌てて桜の背中を見た鬼龍の顔から一気血の気が引いた。
鬼龍(小鬼)
鬼龍(小鬼)
これは…
それはただ打っただけの傷では無かった…
ゼルラ
ゼルラ
終わりだ桜姫…