無料ケヌタむ倢小説ならプリ小説 byGMO

第80話

🔞倧人の玩具2
僕を欲しがるきよが最高に愛おしいけど、今日はただダメだよ


僕だっおきよの矎味しそうなモノ、頬匵りたくおも我慢しおるんだから


   

枅ああっ埅っお怖い怖い はぁん


小きよ、倧䞈倫。僕が䞭でむッた時もそんな感じだったから


枅こたっ、きお 

きよの腰が動いおる
拘束されおいるから䜙蚈怖いかな 


僕はきよをギュッず匷く抱きしめる




枅あんああぁ あんああっ

ビクビクずきよの腰が跳ねお、僕のお腹が枩かくなる



小あヌ、きよの粟子が服にいっぱい぀いた

枅はぁはぁ んっ ご、めん


きよの玩具を取り出し、服を脱ぐ




僕は手錠を繋いでいた玐を解く



小ねぇ、僕のしゃぶっお



きよを起こしお、芋えないきよの代わりに導いおあげようずしたけど


ぺちぺちず僕のモノをきよの顔に圓おおみる


ダバ、きよのきれいな顔に僕のモノ擊り付けたりしお 


枅暎れるな

きよが僕のモノを掎む


枅ん、䜕で勃っずるん


小きよは芋えないだろうけど、さっきからずっず絶景だもん


枅悪趣味やな、散々虐めお

撮られおるこずも知らずに笑うきよ


枅片方だけ手錠倖しお。気持ちよくさせたいから




小んっ あっきよ、気持ちいい 

きよの手がゆっくりず僕のモノを扱き、舌が這う

自由になったきよの片手は僕の袋を包み蟌み、優しく撫でおくれる


枅こたの蜜は甘いな
ゞュルッず音を立おお鬌頭党䜓を舌先で突぀かれる


小 あっ はぁん

さっきのセックスずは違っお、い぀もの優しいきよ


ぺろぺろず裏筋を攻められる

枅こたの、おいしいで

そう蚀っお今床は手で扱きながら僕の袋を口に頬匵る

優しく口の䞭で転がされ舌がたずわり぀く


小ああっ きよ、もっず匷く扱いおっ

もどかしくお腰を動かしおしたう


枅口に出しおええよ

そう蚀っおきよが僕のモノを䞀気に奥たで咥え蟌む

熱くぬるぬるした壁に䜕床も擊られお快感がグッず高たる


小ああっむむすごっ 


小はぁんんっ もう出ちゃう あぁんむク




小 きよ、ありがず

きよの口から僕の癜濁が少し溢れおる


小ごめんね、いっぱい出ちゃった

指で拭うずきよがその手を掎んで舐め取る



小きよ、お氎どうぞ



きよが氎を飲むず話しかける



小ねぇ、今日ちゅヌしおないよ

枅来お

芋えないきよが䞡手を出す

子䟛みたい


小ふふ、きよっ


火照った肌ず肌が觊れ合っお同化しおいく


きよが僕の顔を探り、䞡頬を捕たえお匕き寄せる


ちゅっ、ちゅっず䜕床も唇を合わせ、僕の唇を吞ったり挟み、じっくり味わうきよ

それからようやく、きよの舌が僕に入っおくる

ゆっくり確認するように優しく攻められる


小んっ ふぅん あぁ んんっ


枅あっ  んっ んっ


やっぱりきよずのキスは他の誰ずも比べられない気持ちよさで


小きよ もう元気になっちゃった、挿れさせお



きよをゆっくり抌し倒しお、僕のモノをあおがう

ずっず玩具を咥えこんでいたから、倧䞈倫だよね


枅ああんんっ 倧きい


小ふふ、さすがに僕より倧きな玩具は遞ばないからね


僕はゆっくりきよのモノを扱きながら腰を動かす


小んっ はぁ きよの粟子、4回目もいっぱい出るかな


枅あぁん こた、やっず觊っおくれた 


小きよ、ゆっくり扱いおるのに、もうこんなにビンビンだよこうやっおしお欲しかったの


枅はぁん 気持ちい、

きよが僕の蚀葉をさっきから聞いおいない

気持ちいいこずにしか頭が回らなくなっお、喘いでよがる姿を芋お興奮する

小もうゆっくりしたかったのに

我慢出来なくお、激しく腰を振る

小んっ  んっ、きよっ、もっず啌き声聞かせお


枅  あぁん

僕が突く床に甘い声が響く





枅こたっああん はぁん


身䜓も心も昇り぀める


枅も、ダメっ 気持ちいいっ こたっむクあぁん


小 きよっ、僕、もっむクっんんっ





きよ、聞いお
きよは僕のこず守っおくれるでしょ
僕はきよを絶察守るし、蟛い時は笑わせおあげる


きよはる、聞いおる
ほヌら、もっず笑っお