無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

まるで羞恥プレイ
市川くんの部屋に適当なノック1つで滑り込む



慶「あ、きた」


予想していたかのような返事


こたは市川くんのベッドにいたが、ノックの音で隠れたようで布団から足が出ている



清「ダンゴムシみたいになって…こた、市川くんに迷惑やから」



小「きよは僕の頑張りを認めてくれない…」

布団の中からモゴモゴと返事が聞こえる





清「…えっと…市川くんは何を聞いたんでしょうか…」


慶「え?俺?まだ何も聞いてないよ」



セーフ…すぐ追いかけて正解



清「…こたろうくん、頑張ってるのは素晴らしいです。ただ俺の同級生も就職したけど、新人は研修からゆっくりしていくもので、焦る必要はないと言いたくて…」


小「…なにそれ」




清「…みんな失敗したり上手くいかないこともあるし、そんな時は…隣の上司に相談して解決すればいいかと…」


小「どこに上司いんの?きよも新人じゃん」


清「っ…そう、ですね…」




慶「お前ら、なんの話してんの?」






清「…えっと…ちょっと行き違いが…」


小「頑張ってる新人に、出来ないならもうやらなくていい、ってストップかけるの違くない?傷つくけど」


清「…そ、うですね」



小「僕だって挿れたかっ…」
清「うわあーーーーーちょ、待って!」

小「じゃあ、きよもお尻にお湯…」
清「あーー!こたろう!こたろう!」


慶「あーうるさいよ!清春!」



清「っすみませんっ…」

聞かれたな、これ…

絶対顔赤くなってるわ、火が出そうやもん…




慶「…上手くいかないから先輩のアドバイスがあればいいのね」

清「え…」

慶「ちょっと待って」



慶「あ、もしもし?悪いけどさ、男と初めてってやつがいて、何か1人で頑張ってみたけど上手くいかないらしいの…うん…うん、そういうこと。だから、コツとかさ、教えて欲しいんだけど」


2分も経たず電話は切れた


慶「LINEで送ってもらうから、コピペして2人に送る」

清「…なんかすみません」


慶「未成年の若造と付き合うんだから、お前の当たり前も通用しないよ?こたろうの目線にも合わせないと」

清「はい…」



慶「こたろう、出てこい。前から散々お前の我儘に付き合ってくれてる清春に呆れられて捨てられても知らないよ」



小「…」



こたが布団から出てくる

フードで顔が見えないが下を向いている



小「けいぴょん、帰ります。お邪魔しました」
ペコッと頭を下げるこた




何となく2人で部屋を出て扉を閉める時…




慶「まぁ、俺は面白い話が聞けて楽しかったけどねー笑」



市川くんの悪魔の笑い声が聞こえた