無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

みなとの罪
昨日はこたと出掛けた


待ち合わせたのはりんたろうと夕




三「夕おって大丈夫なん?」

小「みなとだって後輩はみんな可愛いでしょ?この前きよと付き合ったことも話したし、変に意識しないでよ笑」



お前のことちゃうねん、きよちゃんはええの?って思ったんや



まぁ、2人で会ってる訳じゃないし、今後も関わるんやから意識せえへん方がいいに決まってる




夕飯を食べて後輩の家でゲームした



2人がお酒とつまみを用意してくれてた

三「あ!俺の好きなスルメあるやん!」

り「ちゃんと用意しましたよ笑」

夕「飲みましょ!」

小「ぷぅ」



三「こた、何指くわえてんの笑」

夕「こたろうくんはジュースあるんで!」

り「海外の変わったのも買ってきたんで飲んでみて下さい」

小「それって毒味じゃん笑 やだよ、まずいの」




ゲームは2人づつ交代

ゲームしてない時間は飲んだり食べたりしてんけど、そのうち…




三「ちゃんぽんしてみよっ」

夕「りんたろうに飲ませましょう!」

三「こたのコーラにもココナッツバナナジュース入れたるか笑」

夕「やば!絶対美味しくない!」





そんな事して遊んでた俺が悪い


俺もやり返されて何飲んでんのか分からんくなって

でもとにかく楽しくて






り「こたろうくん寝てるー俺も酔った…」

三「負けたからって逃げるんかー笑」


捕まえようとじゃれてたら、こたにぶつかって





小「みなぁ~ちゃん♡痛いよぉヘヘッ」





三「へ!?お前、何で顔赤いん?え!飲んだ!?」


小「こたはぁ~これ飲んだけどぉ、もう混ぜちゃダメぇ~美味しくなぁい…エヘヘ」




多分もう誰が何を混ぜたか分からない空のコップを持ち上げる




…絶対酒入っとる匂いや、ウイスキーも混ぜたやつかな




小「何かぁ~フフッ ドクターペッパーをもっとまずくした感じぃ~」



三「アホやん、あんたこれ酒入っとるで!」

夕「お酒飲んだ!?」

り「未成年…」

小「そうなのぉ~?混ぜたらジュースか分かんないよぉ」



三「ヤバいて!ちょ、こんな顔じゃ帰られへんから泊まるって連絡するわ」

り「ごめんなさい、机散らかしてたから」

三「とりあえず絶対酒飲んだこと言わんでな!事務所にもメンバーにも激怒されるし、激怒じゃ済まへん気がする」


夕「バレたら俺らはクビかも、りんたろう…」

り「まだデビューしたばっかの新人だから、不祥事1つで飛ぶよね…」



三「とにかく、お前らが言わんかったらバレんから!寝てけば大丈夫や」




バレたらヤバい

でも、バレなければええんや

やっちゃったもんはしょーがない





こたには明日もっかい話をしよ

明日シラフで帰れば大丈夫や



りんたろうがベッドを半分貸してくれるって言ったからソファーは動けないこたが寝ることになった


夕「片付けるんで寝て下さい」







水分とったからか、トイレに行きたくて目が覚めた

寝た感じはしない

すぐ起きちゃったんかな…



自分の家の感覚で歩いてたらリビングに来てしまい、トイレどこや?と思いながら水が飲みたくてリビングに入ると







夕とキスをするこたがいた

しかも明らかに深いキスをしてた