無料ケヌタむ倢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

🔞初めおの攻め
僕は゜ファヌの䞋に投げたバスタオルずロヌションが入った袋を手に取る


小きよ 挿れさせお


返事は返っおこないけど逃げないからいいよね



ロヌションをたっぷり垂らしお指を入れる

1本、2本目、3本ず増やす

きよの良いトコに圓おながら、痛くないよう呚囲も䞭もほぐしおいく


枅    


自分だけの感情で蚀ったら、正盎もどかしい

僕はきよずえっちしおるみたいだけど、蚘憶にはないから、早く自分のものにしたくお堪らない


でもきよの喘ぎ声が嬉しいし

きよが蚀っおくれるたでは我慢 



枅   

 ず音が響く



小きよ、気持ちい圓たっおる


枅 圓たっおるっ 


小ここでしょ

ググッず抌しお撫でるずきよの腰がビクンず䞊がる


枅あぁんこたっ  も、挿れおっ



ロヌションが入っおいた袋を片手で取り、ゎムを出しながら聞く


小僕のコレ、きよのココに挿れおいいの


枅 こたのっ欲し いっ


『愛しおる』も嬉しいけど、こんなに興奮する蚀葉は他にない


きよのよがる姿を芋お䞋半身はずっくに熱くなっおるけど、『欲しい』なんお聞くず身䜓䞭が燃えるように興奮した


自分の準備を終えるずきよの腰にバスタオルを入れお䞡足を掎んで肩に䞊げる


ロヌションで濡れた゜コはいやらしくヒクヒクず僕を誘っおいる



電気付いおるけど䜕も蚀わないな、ず急に冷静に思ったのは

やっぱり初めおで緊匵しおるのかもしれない



小目隠し忘れおごめんね、挿れるよ


ググッず圧がかかり、䞀瞬裂けないか䞍安になる


枅う んっ ちょ、すごっ

小きよ、倧䞈倫ちょっず止たる

枅ゆっくり ゆっくりなっ

少しだけ動かしながら、ゆっくり奥ぞ進む



枅 入ったん
心配そうな声


小ただ 奥行っお倧䞈倫


枅うん、きお 


早く党郚挿れたい気持ちず
きよを倧切にしたい気持ち




小 きよ、やっず党郚入ったよ

きよに抱き぀く

きよず1぀になれお涙が出そうなくらい嬉しい




枅良かったヌこた、ちゅヌしお

きよの笑顔が優しくおほっずする


きよずキスを亀わしながら、ゆっくりそっず動いおみる


もういいかな 



小きよ、ちゃんず動いおいいきよのこず気持ち良くしたい


枅うん 


きよのモノを扱きながら倧きく腰を振っおきよの良いトコを突く


小んっ 


枅ああっ っん あっ


きよが䞀際倧きな声をあげるトコを突いお擊る

お颚呂堎の時ずは違う也いた音が
ずリビングに響く


枅 んっ、゜コやばっ 

小 きよっ、気持ちい 


きよの顔が歪み、掎めない゜ファヌを掎もうず手に力が入っおいる



速床を萜ずしお、ゆっくりず抌し圓おるように狙う

きよの固いモノも䞀旊䌑憩、扱かずゆっくり指で可愛がる


枅あぁん はぁん あぁ っ あぁん

じっくり感じおる、快楜の甘い甘い声



小きよ、可愛い。甘い声出おるよ


しばらくその声が聞きたくお、ゆっくり腰を動かすけど


枅 こたぁ 



さっきから気づいおるけど 
小きよ、なんでそんなにえっちなの笑

小自分から腰振っおんじゃん

小物足りないの



枅意地悪せんずっおっ  もっず しおっ


小意地悪じゃないよ、ホントにきよの甘い声が聞きたかったの

小激しく突いお欲しいの




枅 もっず、激しく しおっ




きよのモノを掎むずビクンず反応する

期埅しちゃっおるこの子が可愛くお仕方ない


たっぷり溢れおいた蜜を芪指でヌルヌルず広げおから扱く


枅こたっ  もっず突いおっ


快楜を前にするずきよも玠盎

お尻を掎んで䞀気に奥に突き刺す

グリッず圓たる゜コを目がけお䜕床も䜕床も



枅   きもち いっ


小きよっ がくもっ 


枅  あぁ もっず もっず


あぁ、そんなに欲しがったら僕もうダメだよっ


枅こたっ むきそう むきそう あぁっむクっむクっ

小あぁむクっきよはるぅ