無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

すれ違い
(R3-4-23動画参照)

今日は動画撮影で1週間分の領収書を見せて使ったお金がいくらになるか、をやった


撮影中、こたが1週間で2度、1人ご飯していたことが分かった


結構行くよ、と撮影でこたは言っていた



…今までそんなん滅多になかったやん

何で急に1人ご飯するようになったん?



撮影が終わるとこたに話しかける


清「なぁ、いつから1人ご飯するようになったん?」


小「いつから、って…最近の記憶しかないから分かんないけど、行ってるよ」


清「前はなかったで?」



小「そうなんだ…」


清「何で1人ご飯するん?」


小「そんな別に普通じゃん、お腹空いたから食べようかな、って思ってお店入るだけだよ」


清「1人でご飯食べたなんて聞いてないで」


小「いちいちそんな事まで言わないよ、子供じゃないんだから笑」


清「大人とか子供とかじゃないやん、前はそういうのも聞いてたから、聞いてへんな、って思った」




小「…」

そんな事言われても、と言わんばかりの
不服そうな困ったような顔をされた


…何か俺が変なこと言ってるみたいやん





小「1人になりたい時もあるし…」


清「なんで?」


小「色々…」


清「前は何でも言うてたで」


小「言えないこともあるし」





言えないこともある?



何か前と違う
…すれ違ってる気がする

前はこんな事なかった

俺には言ってくれてたのに



清「言ってくれへんと、こたの考えてること分からんわ」





小「さっきから『前は』ってずっと言ってるけど、責められてる気がしちゃうよ。僕、覚えてないんだよ?」



清「…ごめん」









コンコン


小「さっちゃん、ちょっといい?」


さ「うん、どうした?」


小「さっちゃんて、何か可愛くなったよね?」


さ「え?なに急に笑 ありがとうー」

嬉しそうにしてる…




小「さっちゃん、それって…恋人出来たからキレイになるってやつ?」




さ「え!こた、思い出したの!?」




小「ちょ、ちょっと待って!そうだよね、そうなるよね。今日はここまでで!」

僕は慌ててさっちゃんの部屋を出る








コンコン

小「市川くんいい?」

慶「どした?」

小「聞きたいことあって…」

慶「なに?」




小「後輩の動画のサムネ見て何か気になって…」

僕は市川くんに『未成年飲酒』と書かれたサムネを見せる(R3-4-22動画参照)




慶「…気になるって何?」


小「サムネ見た瞬間、何か引っかかって…まさか僕、お酒飲んでた事ないよね?」




慶「…黙ってようと思ったけど、お前が少し思い出してるみたいだから言うわ。後輩の家でお前、酒飲んだぞ」


小「え!?それってダメなやつだよね?」


慶「ダメだよ、みなとと2人でここに謝罪しに来たから説教して、上には報告しなかったけど」



小「何で僕そんな事しちゃったんだろう」



慶「酒って分かんなくて飲んだみたいだけど。はっきりは覚えてないんだ?」


小「うん…何かすごくザワザワして、何かしたような気がしたけど、まさか本当に飲んだとは思ってなかったかも」



慶「このことは4人の秘密だから言うなよ」



小「あと1人は誰?」


清「きよはる」


小「そうなんだ…何かごめんなさい、迷惑かけて」


慶「その時すごく反省してたからもういいよ」







部屋に戻って自分が上げたTikTokを永遠ループ



…きよからいい匂いしたな

…ほっそい腰まわりだったな



フフ…きよ、驚いた顔してる笑

顔赤くなって可愛い




きよを自分のものにしたいなぁ