無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

あ・さ・DA・YO☆キラッ
朝5時半

あなたside
あなた

はぁ・・・ぁ(←けのび?背伸び?あの〜ね!あれですよあれ!)

5時半か・・・お弁当とか作らないと・・・

【起きて着替える】

はい!皆さんおはようございます!あなたです!
毎日朝ごはんを作るのは私の仕事なんですよね〜・・・
理由は簡単、私以外朝が弱い!

まあ、なーくんとかさとちゃんが私の次に起きるかな・・・?でも、この2人、寝ぼけてる時あるんですよね〜(◍¯∀¯◍)

それはもう、かわいいんですよー?

リビングと玄関(廊下)を繋げているドアがあるんだけどね?そのドア透明なのよ

なんでかずっと気になっててお兄ちゃん達に聞いたんだけど教えてくれなかったんだよね〜

まあ、その透明なドアで何があったかと言うと・・・・・・

それは、2人が起きてから分かるからちょっと待っててね!


なんて言ってる間に、朝ごはんの完成!

そろそろなーくん辺りが起きてくるかな?
なーくん
う〜・・・・・・ん・・・【目を擦りながら降りてくる】
はい、来ましたね(*´꒳`*)
なーくん
ゴンッ【透明なドアに気づかずにぶつかる】
あなた

(*≧艸≦)

やばいやばい
思いっきり笑うとこだった笑笑

ね?見ました?!

かわいいでしょ?なーくん!(❁´ω`❁)
なーくん
痛い・・・・・・
あなた

だ、大丈夫?なーくん

なーくん
あ、おはよう
あなた

お、おはよう・・・

さとちゃん
…zzZ【寝ながら降りてくる】←?!
あなた

あ・・・

さとちゃん
ゴンッ【なーくんと同じくぶつかる】
(*≧艸≦)
さとちゃんなんか寝ながら降りてきたよ?!

今度の動画のネタにしようかな

この2人の寝ぼけてる時の話として笑笑
あなた

だ、いじょうぶ?さとちゃん

さとちゃん
うーん・・・・・・【寝ぼけてる】

あ、おはよう
あなた

お、おはよう・・・(2回目)

なーくん
おはよーさとみくん
すごい音したけど大丈夫?
いや貴方もすごい音しましたけどね?

気づいてないなーくん凄いよ?!

大人のふたりがほぼ毎日ぶつかってるのに、2人とも自分がぶつかってるのに気づかないのもすごいけど、割れないドアもすごいよね
さとちゃん
うーん?何が?
あなた

あ、そ、そうだ、なーくん さとちゃん ご飯並べるの手伝って!

並べ終わって!
るぅちゃん
おはようございます^^*【あなたちゃんの首元に後ろから抱きつく】
あなた

おはよーるぅちゃん 莉犬ところちゃんは?

るぅちゃん
まだ寝てます!
るぅちゃん
あ、居たんですか?
✄------キリトリ------✄

あの、透明なドアにぶつかるというのは、なーくんの実話を少し変えて書きました。


Googleアカウント消えて格闘してたらお母さんが「貸して」って言ってきて貸したらホーム画面にプリ小説のアイコンあって、「この羊のやつ何?年賀状?」と聞かれてビビったみなです笑笑

はい、死ぬかと思いました笑笑

ちなみに、GoogleアカウントだけじゃなくてYoutubeのアカウントも消えてカオナシ状態です。

折角Youtubeなんて歌い手さんの歌ってみた動画を112個くらいマイリスに入れてたのに・・・頑張ったのに・・・寝ながらイヤホンぶっ刺して聞いてたのに・・・・・・

Youtubeのアカウント消えたのは2回目です!はい!←

もうやだぁ・・・・・・

助けてください・・・

なんなんですか!←

私は嫌われてるんですかね・・・?YoutubeさんとGoogleさんに・・・

アカウントー!!!帰ってきてーーー!!!