無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

129
2021/10/11

第6話

「カチッカチッ」
あなた
(もう、7時20分なのに
 亮ちゃん来ないなぁ)
あなた
(何かあったとか…?)
あなた
(探しに行った方が…)
慌てた私は、そばにあった上着とスマホを手に持って、部屋から飛び出した。
「ガチャッ」
阿部亮平
あなた…
あなた
亮ちゃん…
阿部亮平
ごめん!遅くなって、実はさ
そう言った彼の腕には、
小さな子猫が抱き抱えられていた。
「ミャーミャー」
あなた
どうしたの、その子?
阿部亮平
さっき、ゴミ箱の中から
鳴き声が聞こえて…
あなた
そっか、
あなた
とりあえず、中入って
阿部亮平
うん
お邪魔します
       .....
あなた
とりあえず、かなり汚れてるから、
洗った方が良いよね
阿部亮平
うん