第24話

嫉妬

今日は 💙優純 彩💙 @病み期&風邪 さんからのリクエスト!!


嫉妬って確かに書いたことないかも🤔


誰のメンバーとか言われてなかったので、全員分かいちゃいました!
下手かもしれんが、そこは暖かい目で見てくだせぇ。((

それでは本編へ!

________________________




------------------------

*るぅとくん*

------------------------








るぅと 「あなた~、」
『どした』
るぅと 「最近、僕とあんまり話してなくないですか?」
『そうか?』
るぅと 「...そうです!他のメンバーとしか話してないです、」
『えぇ?るぅとくんの勘違いじゃね?←』
るぅと 「違います、... 僕にも声掛けてください、...」
『んー、ごめんね?』
るぅと 「これからは気をつけてください、... じゃないと、僕...」
『ん?』
るぅと 「また、嫉妬...しちゃいます、... ボソッ」
『ごめ、なんて言った?聞こえんかった』
るぅと 「な、なんにもないです、!//」








------------------------

莉犬くん

------------------------








莉犬 「あなた~、...?」
『どうしたのわんわん。そんな泣き出しそうな声して』
莉犬 「なーくんと一緒にお買い物したって、ほんと、?」
『ん?あ、あぁ、... したけど、... なんで?』
莉犬 「んん、なんで俺誘ってくれなかったの、!!」
『え?! ご、ごめん、?←』
莉犬 「俺だって、あなたともっと楽しいことしたくて必死なのに、...」
『お前は私の彼氏か←』
莉犬 「彼氏じゃないけど、大切なメンバーだし、大好きなメンバーでもあるもん、...」
『おいおい、可愛いな。()』
莉犬 「大好きなんだから、嫉妬するくらいいいでしょ、?」
『うんうん、ごめんね? じゃあ今度は2人でお買い物行こ?』
莉犬 「え、ほんと、?! 行く行く!!」








------------------------

ころんくん

------------------------








ころん 「あなた~」
『なに。猿。』
ころん 「ひっっど」
『ん、で、なんじゃい』
ころん 「いや、...ね、?うん、...」
『なんなん、内容言っとくれ』
ころん 「その~...さ、...?」
『うん、なに』
ころん 「えっと、...」
『んもー、早く言って!()』
ころん 「えぇ、?んー、...とさ、?   ...さとみくんと、ゲームしてたの、?」
『え、うん。第5人格 教えてもらってたよん』
ころん 「...僕だって第5人格できるもん、僕だってちょっとは教えてあげれるし、...、? ボソッ」
『ん?なんか言った、?』
ころん 「な、なんにもねぇよ!!///   ((向こうへ行く」
「なんだよ、アイツ...←」








------------------------

ジェルくん

------------------------








ジェル 「なぁなぁ」
『なーあに』
ジェル 「最近、莉犬とイチャイチャしすぎやない?俺、嫉妬してんねんけど」
『え』
ジェル 「え?」
『え、嫉妬してん』
ジェル 「するやろ、嫉妬くらい」
『え←』
ジェル 「だって大好きやし」
『え、え、お前さ、勘違いだけはやめろ?お前と私はあくまでメンバーやからな?カレカノの関係ちゃうで?←』
ジェル 「わかっとるわwww」
『んー、そっか でも多分、ジェルとイチャイチャすることはないから安心しぃな←』
ジェル 「なんでやぁ~(´;ω;`)  また嫉妬するでぇえ~(´;ω;`)」
『あああああ、近づくなああああ!!!!←』








------------------------

さとみくん

------------------------








さとみ 「...ねぇ グイッ(( あなたの袖を引っ張る」
『わっ?!』
さとみ 「さっき、ころんと話してたでしょ、...」
『は、話してたよ、...←』
さとみ 「なんのこと話してたの、?」
『え、このゲーム面白いよね~とか、... 色々。てか何、袖引っ張って、』
さとみ 「いや、めっちゃ楽しそうだったから、...」
『だから何?!w』
さとみ 「いや、...」
さとみ 「ただ~... ちょっと嫉妬しただけ。コソッ」
『え、?!』
さとみ 「んふw  じゃ、そゆことだからよろしく~」
『なんだよ、アイツ...←2回目』








------------------------

ななもりくん

------------------------








ななもり 「あなた~!!!!!」
『はぁああい!!!!!』
ななもり 「好きだよぉぉおおおおお!!!」
『え、急にどうしましたか()』
ななもり 「いやぁ、....あのさ、?」
『どうしました、悩みでもありますか、?』
ななもり 「すごく重大なお悩みなんだけど、...」
『え、?! 聞きます、!』
ななもり 「最近、あなたが全然俺の事構ってくれないからさぁ、...寂しいなぁーって....」
『...っえ、?』
ななもり 「だからさぁ、?ちゃんと俺のことも構って、?」
『あ、あぁ、...』
ななもり 「ね、?ウルウル」
『は、はいっ!!!←』
ななもり 「ふふw  分かってくれたらOKだよ!」
『...なーくんも、嫉妬するんだ、()』








------------------------






『あのさ、今気づいたんだけど』
すとぷり 「うん」
『お前らちょっとの事で嫉妬しすぎじゃね』
すとぷり 「いや、ちっちゃなことじゃないから」