第20話

ななさと。



今回は、 あ ほ ち ゃ 。 さんからのリク!!
1人ずつやってくから、お楽しみに♪

では、本編へどうぞ ⤵︎⤵︎
________________________







さとみ side




どうも、第5人格でーす(((



え、何気に さとみside 初?
うぇーい()




まぉ、そんな話しは置いといて、

今、動画編集してたらあなたとなーくんから第5人格を教えてほしいとメールきたんで、
そろそろうちに来ると思うんですけど、






まぁ、なーくんは第5人格 結構上達してたんよな?

あの動画を見る限り、結構俺が言ってたことやってたし

でも、問題はあなた。


あいつ、なんなら莉犬よりも第5人格下手くそだからな((


あなたも一応 第5人格はやってるけど、上手じゃないからね~(((



















さとみ 「なーくんはまだしも、あなたがなぁ、...」
『ん?私がどうかした?()』
ななもり 「俺はまだしも?」
さとみ 「はっ?!」
『おまwww  その反応は草生えるww』
ななもり 「はっ?!ってwww」
さとみ 「いや、なんで勝手に人の家あがってきてんの?!w」
『えぇ?別に良くなぁい?』
さとみ 「よくねーよwww」
ななもり 「いや、俺はやめとこって言ったんだけど、あなたが ころんもうちの家勝手に入ってきたし、別にいっか ってwww」
さとみ 「お前さぁwww」













いや、勝手に家はいられたら嫌でしょ!!

普通に考えて!w










さとみ 「次からは気をつけろ?www」
『それはどうかなー((』
ななもり 「ねね、第5人格やろ?キラキラ((」






やべ、なーくんの目がきらきらしてる。()



さとみ 「うっし、やるかぁ!!!」
『さとみ、私にも教えてよ、?』
さとみ 「ちゃんと俺となーくんについてきてね」
『...()』







------------------------














さとみ 「なーくん、そこで!!!」
ななもり 「こ、こうか!!()」
さとみ 「そう!!おっけーおっけー!!」
ななもり 「やったぁ、!w」
さとみ 「で、そこでこういうふうに回避して、...」
ななもり 「あ、そしたら、助けられる!」
さとみ 「そうそう!いいね!!」







まって、なーくんうめぇwww
すげぇわwww








さとみ 「なーくん、いつからそんな上手くなったんですかww」
ななもり 「実は、家で一人で練習してたwww」
さとみ 「やっぱりwww」







....






あれ、そういやー、あなたは?



今、ちょうど区切りついたし、なーくんなら知ってるか?


 

さとみ 「なーくん、あなた知りません?」
ななもり 「あれ?そう言えばどこいった?」
さとみ 「最初は一緒に第5人格やってたのに、あいつ、...()」










さとみ 「あなた~?」
ななもり 「あなた、どこー?」






俺の部屋を探してみたけどいない、...
ということは、リビング、?
















ななもり 「あなた~?」








(( ガチャッ リビングの扉















『ひなちゃん、さとみとなーくん 全然遊んでくれないよ、...』
『私、第5人格 下手っぴだから、置いてかれたし ()』
『久しぶりにななさとと遊べるかなーなんて思ってたけど、やっぱ、遊べなかった...()』
『ねぇ、?ひなちゃん、ななさと酷いよね、?』

























ななさと 「...え。」





『...え。』





















『え、え、...()』










ん、まって。
あなた?((((




え、あなた?!(((












『まって、今の、聞いてた、?』
ななもり 「あー、盗み聞きとかじゃなくて...()」
さとみ 「その、たまたま、...ね。?()」
『...はぁああああ?!?!』








うるっさ()





『い、今の、忘れて!!!///』
ななもり 「え、照れてるの?!w」
『て、照れてねぇから!!//』
さとみ 「うそーんw  顔 赤くなってんのに?w」
『ち、違うから!!//』






ねぇ、かわいすぎ。

ほんっとに可愛い











ななもり 「あなたって、こんなんだっけ?w 照れてるイメージが無さすぎてw」
さとみ 「まじでそれなwww」
ななもり 「でも、」
さとみ 「照れてるのも」




ななさと 「可愛い~♡♡」



『だから、照れてない!!((』







え、俺 あなたのキャラ、このままでいいんだけど(((




さとみ 「あなた、いつまでも照れ屋な性格でいてよ」
『うっせ、脱糞ゲーマー』
さとみ 「はぁあ?!?!」
ななもり 「あなた、キャラが変わるのはやすぎ、...()」
 












いつもは見れないあなたが見れたので、


俺となーくんは大満足でした()