第31話

喧嘩

あなた side



『は?なんなん、ほんと』
莉犬 「それはこっちのセリフだよ!!」
『うるっさ』
莉犬 「はぁ?!」
ななもり 「ちょっ、2人とも落ち着いて、...」








莉犬め、...
私の気持ちも知らないくせに、好きなように言いやがって...





『ほんとにさ、黙るって意味知らないの?』
莉犬 「その言い方はないでしょ?!酷い!!!」
『好きかって言うのがいけねぇんだわ』
さとみ 「まず、何があったか説明しろよ」
『お前には関係ないだろ』
莉犬 「...っもういいもん!!!」
ころん 「あ、莉犬くん、!」
るぅと 「...僕らは莉犬を追いかけましょ」
ころん 「うん、」













(( タッタッタ...
















ななもり 「さーて、なにがあったか教えてもらおうか」
『やだ、めんどくさいし...』
ジェル 「りいぬと仲直りできないままは嫌じゃないん?」
『...別にいいんじゃない、』
さとみ 「お前ふざけんな」
『ふざけてないから、』





もー、なんで大人組にわんわんとの喧嘩の話しなきゃいけないわけ?

別に話してもどうにもなんないし
めんどくさい...←






さとみ 「...ほんとは仲直りしたいんじゃねーの?」
『...っそんなことない、』
ななもり 「...じゃあ、話さなくていいよ。無理に話させることでもないと思うし」
ジェル 「でも、ななもりさん、...」
ななもり 「....」




...正直、仲直りはしたいよ、?

でも、こっちからは絶対に謝りたくない(((



『......』
ななもり 「どうする?あなた」
『...わかった、話します、』
さとじぇる 「(流石ななもりさん、...←)」
『確か、数時間前、...』













































『ふぅ~... あれ、わんわん?』
莉犬 「っ、?!」
『...なんでわたしのスマホ勝手に見てんの、?』
莉犬 「い、いや、...そのぉ~...」
『意味わかんない』
莉犬 「ご、ごめ...」
『なら私も莉犬のスマホ見よ~っと』
莉犬 「えっ?! ちょ、やめて!!」
『わんわんだって私のスマホ勝手に見たじゃん!!』
莉犬 「そうだけど、...!」
『なら、私も見ていいでしょ』
莉犬 「よくない!!!」



































『って感じだったような...←』
大人組 「これは確実に2人とも悪い」
『えぇ? わんわんが悪いもん、!!』
ななもり 「最初にスマホを覗いた莉犬くんも悪いけど、それを莉犬くんにもやったあなたも悪いよ」
ジェル 「お互い様やなぁ~」
さとみ 「謝れ。()」
『私からは絶対に謝らない((』




だって、元々はわんわんが原因で喧嘩になったんだよ?!
だから、絶対謝らない...
 



ななもり 「まぁ、莉犬くんがはじめだけどさぁ、...」
さとみ 「てか、普通に考えて、あなたのスマホ見た理由があるだろ」
『わんわんのことだから、私のスマホのLINEとか監視してんじゃねぇの?()』
ジェル 「監視てwwwwwwwwww」


























____



















るぅと 「...あ、ころちゃん!莉犬いました!!」
莉犬 「?!」
ころん 「もー、こんな所に、...」
莉犬 「...ほっといてよ、グスッ」
るぅと 「...お話、聞きますよ?」

























ころん 「んー、なるほどね、」
莉犬 「俺が悪いの分かってるけど、あなただって俺のスマホ覗いたもん...」
るぅと 「お互い様ですよね、...」
ころん 「どっちかが先に謝らないと」
るぅと 「莉犬、謝りましょ?」
莉犬 「無理だよぉ、...」
































ねくすと。