第44話

だっこたいむ


あなた side




『お前らきもおおおおおいいいい!!!!!』
さとみ 「お前が軽いのが悪い」
『お前が抱っこしたからこんなことなったんだよあほ!!!』
ジェル 「なぁ、抱っこくらいええやん」
ころん 「ね?体重確認するだけ!」
『それ、めっちゃ失礼だぞ』
 




んもう、なんなん?!?


お泊まり会した時から、メンバーが抱っこしたい抱っこしたいうるさいんだけど!!!
さとみいいいいい





ななもり 「お願い!!」
『なーくんの腕もやしなんだからだめ』
莉犬 「もやしてwwwwwwwwww」
るぅと 「...ひょっと」
『は?!まじなにやって...』
るぅと 「...かる」





ねえ、るぅとくん?!
どうしたの?!?!



きもいけど!((((((



ころん 「ああああああああぁぁぁ!!!るぅとくん、抜け駆けか?!」
さとみ 「やばくね?」
るぅと 「やばいです、あなたちゃんと食べてます?」
『食べてるよ!!だから降ろそ!!!』




こいつらまじきもい((((




るぅと 「いや、これはみんなに抱っこしてもらわないと」
『え』
ころん 「るぅとくん、パス」
『お前は私をボールみたいに扱うな』




ころちゃん、後で覚えとけよ!!(
 




るぅと 「じゃあ、ころちゃんに変わりますね」
『...もういいわ(』




はい!

諦めた!!((


なんなら早く抱っこして!!!((




ころん 「...((持ち上げる」
『シュールだなおい』
ころん 「かっるお前大丈夫?骨折れそう」
『骨折れたら異常だよ』


骨折れそうてwww

わんわんとなーくんも折れる!!だって、あの二人、ごぼうともやしだもん!!((





ななもり 「俺も抱っこしたい!」
莉犬 「俺も!」
『何言ってんの、ななもりーぬはごぼうともやしだからダメだよ』
さとみ 「ネーミングセンスwww」
るぅと 「ごぼうとww  もやしはwwww」


え、ホントのことじゃん!!!(


ごぼうともやしだから!!!(




ころん 「いや、この軽さなら大丈夫だよ、りんご1個分くらいの重さだし」
『は?何言ってんの』
るぅと 「そうですね多分大丈夫です」
ジェル 「そんな軽いん?!ほんま大丈夫か?」
『いや、私は重い!!』
ジェル 「だったら俺はなんなん。あなたに比べたらめっちゃ重いと思うで」
『男子だから』
ジェル 「え」










うわーん、なんでこんなに抱っこされてんだろ(



わろたー((



ななもり 「俺俺!俺にあなたちょーだい!」
ころん 「はーい!」
『お前ら、スポーツしてるんじゃねえぞ?(』





























ななもり 「え、軽むり」
『どうした、誰かにでぃすられたか』
ななもり 「軽すぎ今日から色んなもの食べさせる」
『怖いやめてwww』
 

なーくんこええwwwwwwwwww




『はいはい、もう抱っこタイムしゅーりょー!!!』
じぇりーぬ 「え、俺らは?!」
『お前らは、来年ね』
じぇりーぬ 「はぁ?!」









今日は軽い軽い言われてなんだか疲れました((

今日からメンバーは私に色んなものを食べさせようとしてきます助けて((






『全部さとみのせい』
さとみ 「は?」