第8話

ヒューマンホールフラット
あなた side






ころん 「ころんとー?」
さとみ 「さとみとー?」
ななもり 「ななもりとー?」
るぅと 「るぅととー?」
ジェル 「ジェルとー?」
莉犬 「莉犬とー?」
『あなたでーす!』
ななもり 「せーのっ」
すとぷり 「すとぷりでーす!」






















ななもり 「はい!ということで今日は、すとぷりゲーム実況企画!」
ころん 「久さぶりじゃん!」
さとみ 「確かになぁ、...←」
『お前は、おじいちゃんかw』
ななもり 「あはははww   ということで、今回やるゲームは~? ジェルくん言っちゃってえぇぇw」
ジェル 「今回は、なんと、...!!」
るぅと 「なんと、...?!」
ジェル 「なんと、...」
『なんととと...?!』
ジェル 「っとここで何も話していない莉犬くん、言っちゃってえぇぇ⤴︎⤴︎」
莉犬 「え、俺?!←」
ころん 「開始早々、なんも話してないからねぇw」
莉犬 「えぇー、じゃあ、言っちゃいますよ みなさん」
ななもり 「莉犬くん、言っちゃって?」
『ちゃってちゃって?←』
莉犬 「今回は、... ヒューマンホールフラットやっていきまーす!!!!」
すとぷり 「いぇーい!\  Foo~!」
『ヒューマンホールフラットも、久しぶりだね!』
ななもり 「ねー!じゃあ、早速やっていきましょう!」
ころん 「れっつごーっ!」

























------------------------









『わー、可愛い!何このステージ!』
るぅと 「お菓子みたい」
ころん 「夢かわだああ★」
すとぷり 「....」
ころん 「なんで僕が滑ったみたいな空気になってんだよ!!!」
さとみ 「はっはっはっ⤴︎︎︎⤴︎︎⤴︎︎︎www」












































みんながなんか手こずってる間に1人でいこ、...←











『(頑張ってる)』
ジェル 「おめぇ、1人で行かせねえよぉぉおおお★」
『はっ?!ちょ、離せぇぇえええええ』
るぅと 「まって、僕も登りたい!!」
『るぅとくん、この状況でこないで?!落ちるよ?!』
ななもり 「え、俺も俺も!!!」
『なーくん、私の話聞いてた?!この状況できたら、落ちるよ?!?!←』
莉犬 「俺らは、...何を見せられてるんだろう、さとちゃn....」
さとみ 「オレモイクヨオオオオオオオ★★」
莉犬 「さとみ、行くなよ!!!www」
『え、ほんと馬鹿なの?!ねぇ、頭おかしいよね?!え、バカ?!?!←』
莉犬 「(行こうとしてジャンプしたけどそのまま落ちる)」
『莉犬くんもさ、無理に来ないでいいのよ?!?!』
莉犬 「あははははははwwwwwww」
ころん 「...なにも協調性がない」
『それは元々だろおおおおおお←』
ころん 「あのさ、そのまま落ちた方が絶対良くないか?w」
『やだ、絶対やだ!! ジェルたち落ちろよ!!!←』
ジェル 「いやや!俺らもあなたと行きたい!」
るぅと 「落ちたらまた初めから...」
ななもり 「あぁぁぁぁ!!!!!(落ちる)」
ジェルるぅと 「なーくぅぅぅん!!!!!!」
『いやいや、1回お前らも落ちろやっ!!!!』
さとみ 「ヤダヤダ、」
『お前が1番早くおちろ、(』
るぅと 「あ、あっ!!!(落ちる)」
『おらおら、ここにいる私以外のお前らは、絶対に落ちる運命なんだy.....(落ちる)』
さとみ 「...え?wwwwwwwwww」
ころん 「ねぇwwwwwwwwww」
莉犬 「あなた、...wwwwwwwwww」
ジェル 「お前さあwwwwwwwwww」
るぅと 「何やってるんですかwwwwwwwwww」
ななもり 「あははははwwwwwwwwww」
『...よーし!気合い入れていこー!!←』
ころん 「はははは⤴︎︎︎⤴︎︎⤴︎︎︎www」









いやいや、... ちょっとミスっただけだし(





ころん 「操作ミス?お前、頭悪ぃな」
『あ?』
ころん 「ん?あ、ごめごめ、元からだったわ」
『おめぇ、... (ころんを落とそうとする)』
ころん 「(それを避けて、あなたを落とす)」
『...っっwww』
ころん 「馬鹿すぎだろ、...wwwwwwwwww」


















*




















『さとちゃん』
さとみ 「サトミダヨッ★」
『落としてもいい?』
さとみ 「は」
『(落とそうとする)』
さとみ 「お前も道づれじゃああああああああ」
『いやいあああああああああ⤴︎︎︎⤴︎︎⤴︎︎︎』
さとみ 「はっはっはっ⤴︎︎︎⤴︎︎⤴︎︎︎wwwwwwwwww」
『マジだるいんだけどwwwwwwwwww』




















*




















莉犬 「あっ?!(崖から落ちそうな状態)」
『...あ(莉犬くんを見つける)』
莉犬 「あなた、助けてっ、...」
『(莉犬くんに近寄る)』
莉犬 「あなた、ありがとう...」
『(落とす)』
莉犬 「え、あなた、あなた?!?!」
『...wwwwww』













________________________


ねくすと。