第42話

お泊まり


あなた side




『んお前ら、まじで泊まんの?』
すとぷり 「泊まるに決まってる」
『...はあ、?(』



んども、あなたです


今、メンバーが家に泊まるって言っててめっちゃ不機嫌です((え




『なんでお前らが泊まる必要があるの?!』
ころん 「...ノリ?((」
『お前、んざけんなよwww』
ジェル 「あなたと寝たい」
『絶対やだ。死んでもジェルと寝たくない』
ジェル 「酷ないか?」
『寝るんなら、なーくんとかわんわんとか...』
さとみ 「なんで、俺らはダメなんだよw」



えぇ?そりゃー...



ころちゃん→変態

ジェル→変態

さとみ→変態

るぅとくん→論外

じゃん?(((






『んまぁ、私は認めないからね、泊めさせないから!』
ななもり 「残念、もう俺ら着替えとか全部持ってきてるから」
『は?』
莉犬 「ごめんけど、泊まる」
『おまえらマジで準備よすぎだろ』





てことで、なんか強制的にアイツら泊めます...←
もーいいや、たまにはいっか!((開き直った




『んもぉー...わかったわかった、』
るぅと 「え、いいんですか?」
『そのかわり、迷惑なことすんなよ?』
すとぷり 「はぁーい!」



はぁ...


大変なことに鳴るぞ...←

















------------------------







『ぐぇ... 買い出し行かないと....』




泊まるなんて聞いてなかったから、食材なんもないんだけど((







『んー、みんなー』
るぅと 「どうしましたか?」
『ちょっと買い出し行ってくるね~』
ジェル 「え、一人で行ったらあかんて!!!」
『え?』






...じゃあ、誰と行けと?!(




ななもり 「いやいや、当たり前だよぉおお!!」
さとみ 「こんな可愛いやつをこんな時間に誰が一人で行かせんだよ」
『こんな時間って、まだ夕方だけどね』
莉犬 「あなたは可愛いからこの時間でも危ない!!」



いつも一人で買い出ししてるんですけどぉ...←


なんもないよ別にぃー

過保護すぎませんか()




『んぁーもう、分かったから...』
るぅと 「僕行ってきましょうか?」
『え、いいの?』
るぅと 「買ってくるものだけ教えてくれれば...」
『え、ありがとう()』




るぅとくん、いつからそんな優男になったの(





ころん 「こいつwwww 好感度あげようとしてるwww」
るぅと 「え?なんで?www」
『あああ!!そーゆー事だったのかあああ?!』
るぅと 「いやいや、違います!!w」
さとみ 「うわっ!きもあいつ!!」
るぅと 「なんでそうなるんですか!w」
『あははwwwwwwwwww』





...たのし(
たまにはメンバーとずっといっしょもいいかもしれない



ぐへ((







『はぁあ...www じゃあ、るぅとくんこれ買ってきてww ((メモ渡す』
るぅと 「わかりましたww」
ななもり 「気をつけてね~」
ジェル 「ななもりさん、大丈夫です。るぅとはビール瓶もってるんで」
るぅと 「ジェルくん?」
ジェル 「...気をつけてな!!((」
るぅと 「んじゃ、行ってきまーす」
『よろしくね~』







うーん、これで食材は大丈夫と...



ころん 「ねぇあなた~」
『あい』
ころん 「遊ぼ」
『やだ』
ころん 「え、マ〇カしよ」
『やる』



えへ

マ〇カ楽しいもんねぇぇぇぇ
やろやろ







~ゲーム中~




『うぇーい((赤甲羅投げる』
ころん 「は?きっしょまじ!!!」
さとみ 「...((ころんくんに赤甲羅」
ころん 「え、いじめ?」
『...www』






あなた→1位

さとみ→2位

莉犬→8位

ななもり→7位

ジェル→9位

ころん→12位






『えw』
さとみ 「お前、ゲーム下手組いったら?」
ころん 「いや、このコントローラーがおかしい!!!」
莉犬 「んなわけあるかwww」
ジェル 「いやぁねぇ、僕ゲーム下手組じゃないから☆((ころんくんボイス」
ななもり 「あははははwww」




(( ガチャ







るぅと 「ただいま~」
『お、るぅとくん、ありがとう!』
るぅと 「いえいえ!...って、マ〇カやってたんですね!」
『あ、うん!るぅとくんもやっておいで!晩ご飯作ってくるね!』
るぅと 「わざわざありがとうございます!」






るぅとくん、イケメンだ((

礼儀正しい子ねぇ((あ




ってダメダメ、あいつはただ単に好感度をあげようと...

今度の放送で話してやろ((







『はぁ、... オムライスでもつくるか』









((つんつん


『わっ?!?!』
さとみ 「しーっ」
『な、さとみかぁ...』
さとみ 「うまく抜け出してきたんだから、静かにしろ」
『えぇ?』



まぁ、あいつらの中から抜け出してしたのはすごい(?)




さとみ 「俺も料理手伝う」
『え、いいの?』
さとみ 「オムライスだろ?はやく作るぞ」
『....←』





思ったんだけどさ


男子メンバーの顔面偏差値高くね?(
いや、性格は置いといて、みんなイケメン



さとみの料理してる姿、ちょっとかっこいい←





『さとみの料理してる姿見たことない』
さとみ 「初めて見られる」
『すごいね、上手いじゃん』
さとみ 「だろ?」




かっこつけてやーんの((








...♡...







『わーい!できたぁああ!!!』
さとみ 「ちょ!お前、声でk....」
ころん 「お腹すいたあああ、できたのぉ?」
さとみ 「あっ、...」









...







ころん 「は((((」
さとみ 「いや、これはぁ...」
『さとみとね、一緒に作ったの~☆(((』
さとみ 「おまええええええ」
ころん 「は?許さない!!!!」






えへへ☆((






ころん 「ねえみんな!!!さとみくんがあなたと一緒にご飯つくってた!!!!」
ジェル 「は?」
ななもり 「さとみくん、それはダメ」
莉犬 「ずる」
るぅと 「さとみくん?☺️」
さとみ 「やだああああああ」
『頑張れ☆』



















ねくすと