第2話

質問こーなー

NO side










[ メンバーに質問してみた !!!! ]

まずは、あなたさん以外のメンバーに質問していきましょうッ !!









Q1¦ 初めてあなたさんのことを見た時の印象はッ ??







------------------------








ころん 「ただのちb...」
『ん?チビなんて言うわけないよね~。言ったらどうなるか分かってるよね~。』
ころん 「すいませんしたっ、...←」
『で、最初見た時の印象は?』
ころん 「んーとね、んー、... 普通に優しそうだと思ったよ」
『お、まじ?天球~』
ころん 「お前、やめとけww」








------------------------








さとみ 「えぇ?初めて見た時の印象?」
『おん、なんか思った?』
さとみ 「なんだろ、... 普通に可愛いなって思ったよ」
『今は?←』
さとみ 「今は口が悪いばばa....」
『お前、後でぶん殴らせろ』
さとみ 「やめて。←」








------------------------








るぅと 「初めて見た時の印象ですか、...」
『なんかある?』
るぅと 「んー、あんまり覚えてないです」
『あら』
るぅと 「でもなんか、凄い綺麗な人だなって思いながら見てましたよ」
『ほんとー?ありがとう~』
るぅと 「いえいえ、~」
『...なんの面白みのない会話だったな』








------------------------








ジェル 「初めて見た時の印象。それは。バカっぽいなって」
『え、私そんなバカっぽいん?』
ジェル 「うんー、なんかね バカみたいな顔してるよ」
『うぅ、... ジェル酷い、...』
ジェル 「え、ごめんごめん」
『...もうジェル嫌い』
ジェル 「嘘でしょ」








------------------------








莉犬 「そりゃあもう、天使でしたね」
『あら、私天使』
莉犬 「俺、初めてあった時抱きつきましたからねー、w」
『あ、そうじゃん、これからよろしくねッ!!!!って元気に抱きついてきたわww』
莉犬 「懐かしいね~w」
『あの時、どんな反応したらいいかわかんなかったからねー、まじでwww』
莉犬 「あはははっwwww」








------------------------








ななもり 「初めて見た時の印象?」
『なんかありますか』
ななもり 「んー、難しいなぁw」
『思ったこととかさ、1つはあるっしょ?』
ななもり 「思ったことというか、今日からこの子と活動するのか、...!! っていうわくわくはあったかなー、w」
『あー、なるほど、さすがリーダー(?)』
ななもり 「かまそーぜ」
『かまかまッ』








------------------------








Q2¦ あなたさんに直して欲しいところはッ ??








------------------------








ころん 「バカなところ」
『あ?なんやと?』
ころん 「いや、ほんとにさ、バカすぎんの」
『バカは直せん』
ころん 「意地でも直せ。」
『むりげー』








------------------------








さとみ 「直して欲しいところっていうか、あの、かけ算くらいは出来て欲しいよね」
『何言ってんの、言えるわ』
さとみ 「んじゃあ、12×2」
『え、29』
さとみ 「スタッフさーん、助けてー」
『え、え、違った?』
さとみ 「ちげーよ」
『いやいや、... 筆算すれば余裕だよ』
さとみ 「お前、できねーだろ」








------------------------








るぅと 「えっとですね、楽屋でクッキー食べる時とか、机にボロボロこぼすの嫌ですね」
『お、ガチなやつやん』
るぅと 「あなた、食べるだけで片付け全然しないじゃないですか、...」
『食べるだけって悪意あるぞ』
るぅと 「だって、ホントのことですもん、もぐもぐしてるだけじゃないですか」
『だってぇ~』
るぅと 「だってぇ~じゃないです、子供すぎなんですよ、あなたはw」
『子供だもーん←』








------------------------








ジェル 「可愛すぎるからそこ直して」
『無理。私、天使だから』
ジェル 「それ誰に言われたん?w」
『わんわん』
ジェル 「おー、莉犬なかやか上手いこと言うなぁ」
『ん、?上手いこと言うってどゆことやねん』
ジェル 「...まぁ結論、あなた可愛すぎやから直してな」
『むりげー←本日二回目』








------------------------








莉犬 「直して欲しいところなんてないです!」
『あ、まじ?』
莉犬 「俺は今のあなたが好き~」
『ちょ、莉犬くん癒しなんだけど』
莉犬 「みんな、なんて言ってた?」
『バカすぎるとか、可愛すぎるとか』
莉犬 「そこがあなたの魅力なんだから直さなくてもいいよ」
『まじ好き。ありがと←』








------------------------








ななもり 「直して欲しいところ。それは、...」
『ん、それは?』
ななもり 「それは、...」
『...なに』
ななもり 「それはぁぁあああ...」
『あ、何、なんもない感じ?』
ななもり 「ありそうだけど、思い浮かばんw」
『あ、そうです?また思いついたら教えてくださいなwww』








------------------------








Q3¦ あなたさんのチャームポイントはッ ??








------------------------








ころん 「ポニーテール」
『ほーぉ、』
ころん 「いや、男はみんなポニーテール好きだと思うよ」
『え、じゃあそれチャームポイントになるん?www』
ころん 「僕は、ボブが好きだけど、あなたがポニーテールしてると、あ いいなぁ、...って思うからwww」
『まじぃ?ありがと~www』








------------------------








さとみ 「ダンスができる所」
『あー、なるほどね?』
さとみ 「まじで上手いよね、覚えるの早いし」
『私、天才だからッ』
さとみ 「うぜー」
『てかさ、ダンスができるってチャームポイントなん?』
さとみ 「わからん」
『なんやねん、分からんのかい』








------------------------








るぅと 「チャームポイントですか、...」
『私のチャームポイント。なんだと思う?』
るぅと 「...ちょっと腹黒な所、?」
『いやいや、腹黒はるぅとくんでしょwww』
るぅと 「違います !! なんなんですか、...」
『でた、なんなんですか、』
るぅと 「でも前、ころちゃんの背中 思いっきり叩いて笑ってたの僕見てましたよ。」
『...なんのことかな?』








------------------------








ジェル 「全部」
『おー、新しいね』
ジェル 「あなたの全部がチャームポイントや」
『ジェルにしてはいいこと言う。けどさ』
ジェル 「おん」
『チャームポイントとかどっからどこまでがチャームポイントなん?』
ジェル 「知らんわ」
『なんか、この質問コーナー ちょっと雑いよね』
ジェル 「まぁまぁ、ゆるーく話そってかいなんや」








------------------------








莉犬 「チャームポイントかぁ、」
『わんわん、いいこと言ってよ』
莉犬 「うーん、なんだろ 子供みたいで可愛いところ」
『...それって褒めてるの?←』
莉犬 「俺にとって妹みたいな感じ」
『子供みたいってさ、褒め言葉なの?←』
莉犬 「わかんないけど、可愛いことは確かだよ」
『天球~()』








------------------------








ななもり 「二重が綺麗な目!」
『お!ここにきて真面目なやつきた~』
ななもり 「いや、あなたの目はほんっと綺麗」
『ありがとう~』
ななもり 「あなたは黒目が大っきいから、カラコンつけてもあんまりかわんないよ」
『あー、それはよく言われる。私、カラコンって言っても赤!とか、青!とか派手な色は入れないからね~』
ななもり 「うーん、あなたは目には自信もっていいと思うよ」
『アリガトダヨッ☆』








------------------------












































ねくすと --