第4話

質問こーなー

NO side






( 前回の続きから !! 見てない人は、前回の見てねッ )







------------------------



『えーと、次はぁ さとちゃんか』
さとみ 「え、まって」
『ん?』
さとみ 「あなた今、俺の事 さとちゃんって言った?」
『...気のせいっしょ』
ころん 「えぇ、ずる」
ジェル 「ころんはええやん。俺らなんて呼び捨てやで。あだ名で呼んでもらえへん」
さとみ 「さとちゃんって呼ばれた時、破壊力やばかった」
『だから、気のせいっしょ。←』
さとみ 「ね、もっかい」
『やだ。』
さとみ 「おーねーがーい」
『いーやーだ』
莉犬 「ねぇ、さとみくんから言われた衝撃的な一言早く言ってよ~←」
ななもり 「そうだね、じゃあさとみくんに言われた衝撃的な一言!あなた 言っちゃってえぇぇ~」
『えーと、www』
『【やっぱ俺には金かけるべきッ⤴︎︎︎︎︎】』
ころん 「え、僕のパクリやん」
さとみ 「はッ⤴︎︎︎︎︎www」
『えーと、これは言うまでもないですね、はい。←』
さとみ 「おめえ、そこはちゃんと説明しろやwww」
『えー、めんどくさい←』
るぅと 「急にさとみくんの扱い荒くないですか?w」
さとみ 「ホントだよwwww」
ななもり 「えー、これ私 聞いておりました。←」
『え、いたっけ?』
ななもり 「いたよぉ!www」
『えぇ?.....あ、そうだったね』
ななもり 「うぅ、...忘れられてた...」
『ごめんごめん←』
莉犬 「で、説明してよ~気になる」
『あ、わんわんが言うなら話す』
さとみ 「どんだけ莉犬のこと好きなんだよ」
















『えーと、まぁ楽屋での出来事ですよ』
さとみ 「はいwww」
『さとみと私で第5人格してたんですよw』
ころん 「え、あなた 第5やってたの?!」
『で、さとみがね、』
ころん 「...無視はきちぃ」
『めちゃくちゃ私に勝ってたの』
さとみ 「あなた、めっちゃ弱かった」
『おめぇ、後で覚えてろよ』
るぅと 「あなたwww」
『んで、私が負けるごとにね?』
『やっぱ俺には金かけるべきってずっと言ってんの』
ころん 「あのさ、シンプルに衝撃的な一言でもなんもねぇよ」
ななもり 「さとみくんも、シンプルに言葉の使い方間違ってるよね」
莉犬 「それ思った~」
『...まじれすやめて』
ジェル 「え、さとみからの衝撃的な一言ないん?」
『そー、さとみとあんまり仲良くないからさぁ...』
さとみ 「仲良いだろ、誤解を産むからやめろやww」
るぅと 「そうなんですね、...←」
さとみ 「誤解すんな、まじ←」
『...ってことで、おもんない話でした』
ななもり 「あなたもそれで開き直るのねwww」










------------------------











るぅと 「じゃあ、次はなーくんですか?」
『あのー、』
ころん 「どしたの」
『みんなからの衝撃的な一言が多すぎて選べないので、このコーナーおしまいね』
さとみ 「え?!w」
るぅと 「ちょw」
ころん 「んだよ、僕とさとみくんの悪口大会だったの?!www」














________________________




どうも、投稿サボってた作者でっす



いや、サボってたわけじゃないから()
テスト期間なんよ









ふぁっつ
テスト期間だるみ


テスト期間終わったら、たくさん投稿するから、待っててね✿