第34話

喧嘩


あなた side




『んぁー、もう!!!謝ればいいんでしょ?!謝れば...』




はぁーい
なんか、大人組に叱られたんで謝りたいと思いまーす((


『てか、謝るにも何もわんわん居ないし』
ななもり 「多分ころちゃんたちが連れてくるから待ってて」
『ぷえーん』
さとみ 「何それ可愛い」
『は?きっしょ』
ジェル 「可愛いいいいいい」
『きもきもきもきも』




安定でさとじぇるはキモすぎた
無理()



(( ガチャツ













『あっ、』
莉犬 「...グスッ」




えなに

りぬ泣いてる









『.....』
莉犬 「....」
るぅと 「ほら、莉犬、?」
ななもり 「ほら、あなた」







えぇ、?((

この雰囲気で謝るのぉ?((((((








『えっと、...』





りぬあなた 「さっきはごめんなさい、...」


『え、?』
莉犬 「え...」





え()






莉犬 「うわああああん、あなた~!!泣」
『は?!え?!』
莉犬 「ぅうううう泣   ごめんなさいいい泣」
『わあわあwww   もういーよwww』




なに可愛い()





ころん 「莉犬くん、あなたに抱きついてて羨ましい」
『お前は黙ってろくそザルが』
ころん 「酷すぎ」
るぅと 「莉犬、良かったですね!」
莉犬 「うん、... あなた、ホントにごめんね。?」
『わかったわかったw 私もごめんね、?』




うんうん、いっけんらくちゃくですね😳😳



ななもり 「んでも、2人が喧嘩なんて珍しかったw」
るぅと 「2人はいつも仲良しですもんねw」
ころん 「いやいや、喧嘩するほど仲がいいって言うしね?」
『ふーん、... まいいや、りぬ~!!!♡』
莉犬 「わーい!あなた~♡」
ころん 「ねえ僕m....」
りぬあなた 「お前は来るな」
ころん 「ぴえーん」
 











その頃、さとじぇるは、...







さとみ 「ああああああああぁぁぁ....」
ジェル 「ぷえんなあなた可愛すぎる、...さとちゃん、動画まわしてたのナイスすぎる...」
さとみ 「マジでほんとに、俺天才だわ...」
『お前ら、覚えとけよ?』
さとじぇる 「え」