第11話

髪色は大事ッ!!!


あなた side




『ただいまああ』
すとぷり 「.....」






え、なんやねん、その反応
無口は1番辛いんじゃ((



『あー、ごめん。帰r...』
莉犬 「うわああああああ!!!!!((」
『わっ?!おめぇ、うるせえなあぁぁぁぁ((』
莉犬 「かあぃぃぃぃぃぃぃぃ?!(((」





...耳壊れそっ←



『あの、うるさi...』
莉犬 「ねぇ、似合いすぎ!!すき!!すこ!!((」
『...((』













やばい。死ぬ。耳がぁ、...((







『莉犬、感想は聞かせてもらった。だから、静かにしよ、うん。()』
莉犬 「うん、分かった。めっちゃ可愛い!!((」
『莉犬くん、語彙力どうした(』





あ、ちなみに、ほかのメンバーみんなは お口がポカーンってなったまっす★(((




『...なんか言ってや(』
さとみ 「あのさ、正直言うけど、」
『...うん』



















さとみ 「くっそ可愛い」











うぇーい(((((





ジェル 「え、ほんとにあなたなん?」
ななもり 「雰囲気が全く違いすぎて、www」
るぅと 「可愛すぎます、...ボソッ」
ころん 「ねぇ、僕のカラー入ってる!!」










あー、ほんとだ(((気づくの遅いな





『うん、うん、分かったよ。お前らがきしょいっていうのが とてつもなく分かった。()』
さとみ 「お前、酷いな←」
莉犬 「んもー、可愛いよ...」
ななもり 「うん、これは可愛すぎて困るなぁ、...」
『うんうん、分かった。((((』
ころん 「ねぇ、僕のカラー入ってる!!!」
『うん、そーだねー(』
ジェル 「え、めっちゃ大人っぽくない?」
『ほんと、それは良かった』
るぅと 「僕、その色めっちゃすきです...」
『天球~』








この後も、たっくさん褒められて、疲れました(
まぁでも、メンバーは気に入ってくれたみたいだし、自分でも、いいと思ってます!

たまにはイメチェンもいいね、たのしいw





ただ、...

































私みたいに、可愛くなりすぎると 褒められすぎて疲れちゃうから、

みんなは、気をつけてねッ★((((











________________________



どもどもっ、作者です!




えー、得にお知らせはありません!!((え
多分、クリスマスのお話し出すので、お楽しみに!!!((



ばいびっ★