第17話

アンチ

ななもり side




ななもり 「た、ただいま~...」
ころん 「お帰りー、」
さとみ 「あなた、ほんとに帰ったの?」
ななもり 「...うん、」
莉犬 「疲れてたんだよ、きっと!」
ジェル 「あなた、最近 生放送も沢山しとるしなぁ、」










俺は、これで良かったのか。










" 何もないですからッ!!! "





必死そうだった。

きっとあなたの事だから、俺らに言ったら迷惑かけるからとか思ってるんだろうけど...















るぅと 「あの、なーくん、コソッ」
ななもり 「ん?」
るぅと 「あなた、相談してくれました?コソッ」
ななもり 「ダメだった、...。泣きそうな顔で走って帰っちゃった、コソッ」
るぅと 「やっぱ、何かあったんですかね、...コソッ」







そんなことをるぅとくんと話していた時だった。














(( ガチャッ!!!!








ころん 「わっ?!」
ジェル 「びびったぁ、...」
さとみ 「急にどうしたんすか」
スタッフ 「ハァ、ハァ、...あなたさんが、...ッ!!」
莉犬 「あなた?あなたならさっき帰りましたよ?」



































スタッフ 「あなたさんが、誰かに刺されて、病院に、...ッッ!!!」












その場は氷のように静まりかえった。





るぅと 「...は、?」
ころん 「んまって、?嘘、でしょ、...?」
莉犬 「ドッキリ、じゃないの、?」
スタッフ 「ホントの話です、...!!!  早く、...病院に、...!!!」


















俺の、せいだ、...



俺があの時、あなたが帰るのを止めていれば

俺があの時、ゆっくりでいいよって言ってれば、...
























ななもり 「俺の、せいだ、....ボソッ 泣」
スタッフ 「とりあえず、〇〇病院に、...!!!!」
こ/り/さ/ジ 「はい、...!!」










(( タッタッタッタ...💨







るぅと 「なーくんも、早く、!!」
ななもり 「俺の、せいで、...泣」
るぅと 「...えっ、?」
ななもり 「俺があの時、ゆっくりでいいよって言ってれば、俺があの時、あなたが帰るのを止めていれば...泣」
るぅと 「なーくん、...」








俺、すとぷりのりーだーなのに、
なんにも役に立ててないじゃん、...




大切なメンバーを守れないなんて


リーダーでも、なんでもない、....








るぅと 「自分を追い詰めちゃダメですよ」
ななもり 「...ッだって俺、!リーダーなのn....」
るぅと 「なーくんは、!! あなたの異変にすぐに気づいて、相談に乗ろうとしてたじゃないですか」
ななもり 「....」
るぅと 「あなたは、それだけでも嬉しかったと思います。それに、今 あなたの所に行って、手を握っていることが、リーダーとしてすることじゃないですかね、?」












.....







そうだ。







俺は、すとぷりの " リーダー "





だから今はあなたのそばにいなきゃ







それが今、俺に出来ること。























ななもり 「...るぅとくん、ありがとう」
るぅと 「いいんです。さ、早く行きましょ」
















------------------------






~ 病院 ~

















手術中












ななもり 「あなたっ、....」
るぅと 「.....」
ころん 「こんなことで死ぬなんて、僕 許さないかんな、...泣」
莉犬 「...あなたっ、泣   死んじゃダメ、...泣」
さとみ 「あなた、...グスッ」
ジェル 「っ、グスッ....泣」



























手術後

















ななもり 「あっ、...」
















俺は、手術室から出てくる医者さんにすぐさま声をかけた







ななもり 「あなた、あなたはっ、...??」



医者 「なんとか一命は取りとめました。命に別状はありません。」






ころん 「...泣 焦らすなよ、...泣」
さとみ 「よかった、...グスッ」


医者 「今は病院で麻酔で眠っています。目覚めるまでそばにいてあげてください。」
すとぷり 「っ、はい、...!泣」




















~ 病室 ~













病室には静かに目をつぶって眠っているあなたがいた。














ころん 「...目覚めるんだよな、?グスッ」
るぅと 「もう目覚めないみたいな言い方、やめてもらえますか、...グスッ」
莉犬 「でも、なんで急に刺されたりしたんだろう...グスッ」
さとみ 「あなたを待ち伏せしてたとか、?」
ジェル 「そんな計画的にあなたを殺ろうとしたんか、?」
ななもり 「....」













ジェル 「なーくん、?」








俺は、みんなの目線を避け、あなたの隣にあった椅子に座ってあなたの手をぎゅっと握った。









ななもり 「あなた、ごめんね。俺がもっと気をつけて見ていればこんなことにはならなかったかもしれない。それに、みんなも、ほんとごめん。俺、リーダーなのに....大切なメンバーも守れなくって、...」
ななもり 「ほんとに、...ごめんね、泣」
ころん 「なーくん、...」



























るぅと 「...僕達は見てますよ。」
ななもり 「...え、?」
るぅと 「僕達はいつでもなーくんのこと見てます。なーくんがリーダーとしてみんなの相談に乗っていたり、みんなを仕切ってくれたり、ちゃんと見てます。」
るぅと 「自分はリーダーなのに、...じゃなくて、自分はリーダーだから、...の方が、なーくんにはお似合いです。」
莉犬 「...そうだよ、なーくんはリーダーとして責任感も強いし、メンバーみんなを受け入れてくれてる...グス」
ころん 「いつも一緒に笑ってくれるなーくんが好き。いつも一緒に泣いてくれるなーくんが好き。僕達もなーくんを全部受け入れてるよ、...グス」
さとみ 「なーくんがトイレに行ったのって、今気づいたけど、あなたの異変に気づいたからあなたについて行ったんだよね?それだけでもすごいと思う。」
ジェル 「俺らはあなたの異変にも気づけなかった。あなたの異変に気づけたなーくんはやっぱりメンバーをしっかり見てるすとぷりの " リーダー " 。」
るぅと 「...だから、なーくん。大丈夫です。みんな、受け入れてますよ。不安にならないでください。自分を追い詰めないでください。約束です、ニコッ」
ななもり 「...、ほんとに、ありがとう、泣」












俺、こんなにも愛されてるんだ。
みんな、俺を受け入れてくれてるんだ。




こんなに嬉しいこと、今までになかったよ。



















『...なーくんは、』





ななもり 「っ、あなた?!」


『えへっ、ニコッ』
『なーくんは、私に相談乗るよって言ってくれたよね、?』
ななもり 「...」
『私、嬉しかったよ。』
『...実は、リスナーさんからの手紙の中に、アンチの手紙が入ってた。』
さとみ 「...え、?」
『その中に、" 殺しに行く " ってかいてある手紙と、ナイフが入ってたの。』
莉犬 「嘘、...」
『メンバーにバレたくなかった。心配させたくなかったの。だから、なーくんにも話さなかった。』
るぅと 「あなたっ、...」
『相談のるよ?って言ってくれた時、私、嬉しくて泣きそうだったんだよ?泣』
ななもり 「あなた...泣」
『だから、私もみんなが言ってたみたいに、メンバー全員を受け入れてくれてるなーくんを見てるし、私はそんななーくんが大好きだよ、』
ななもり 「うぅ、...泣」







あなた、俺、そんなこと言われたら壊れちゃうよ、...
そんなふうに思っててくれたの、?



すとぷりの中ではおちゃらけキャラのくせに、
こういう時は、優しく微笑んでくれるよね、
 







ななもり 「おれも、そんなあなたが大好き、泣」
『ありがとう、ニコッ』




すとぷり\なーくん以外 「...ニコッ」










俺は、" すとぷり " というグループを


これからも







愛していきます。



















________________________




まって、このお話 没()