無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

赤羽業
あなた

おはようごz...

シュッ
あなた

っと!

カルマ
やっぱり速いね〜
あなた

まあそれなりに鍛えてますから。

カルマ
じゃあ今日1日狙う。俺の攻撃が1回でも当たったら、俺に体術教えてよ。
あなた

いいですよ。( ̄▽ ̄)ニヤリッ

カエデ
カルマ君大丈夫かな?
1時間目は体育
あなた

....木の後ろに人の気配がする。気配からして赤羽君かな?驚かせよ。

テクテクテクテク
カルマ
HAHAHA引っかかったね〜それはダミーだよっていない!?
あなた

気づいてるよ。フフっ

カルマ
そっかー適わないやっ
シュッシュッシュッ
あなた

おー仕掛けがあったんだ〜気づかなかったです。

カルマ
でも、避けてるじゃん。
あなた

赤羽くんも、こういう突然の罠に対応できるようになろうね(*^^*)

カルマ
敬語は?
あなた

( ゚∀ ゚)ハッ!

烏間
そいつは認めたやつには敬語を使わないんだよ。
カルマ
烏間先生いたんだ。
あなた

ずっと草むらにいたよ〜

烏間
お前は気づいていたのか。
あなた

気配だよ。

カルマ
いいな〜俺も使いたい。
あなた

訓練すればできるよ。

カルマ
ふーん
ひゅん
あなた

あははすごいまだ罠があったなんて〜

カルマ
また気づかれた(๑ ー̀εー́ ๑)
あなた

待って烏間。赤羽君が可愛い。

烏間
馬鹿か
カルマ
また殺るよ
あなた

待ってマース

キーンコーンカーンコーン
カルマ
結局1回も当てられなかった!
あなた

攻撃パターンが一緒だもんすぐわかっちゃうよ。

カルマ
あぁ残念。
烏間
少しは仲良くなったようだな。