無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

958
2021/04/24

第3話

さん















『なんとか、 小規模なステージを借りられたはいいものの、 』














『やっぱり別の世界じゃ、 知名度ないもんね、笑』














『でもよく分からんけど四ツ星学園 って所の生徒さん達来るんだよね…? 』












『学園長さんもS4さんたちも私のこと知ってそうだったなぁ』

















┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈












LIVE









『新しいプレミアムコーデを身にまとった私は 最強だから!』











『 あなたの名字あなた、 皆様に 栄光の華を。』






















『(わたしのことを知らなくてもいい。
ただ私のステージを知って欲しい!!)』












ゆめ「あの子、すごい!」






小春「確かこのドレスは自分でデザインしたものと聞いていたけど…」










ひめ「…やっぱり」














『(っ、 ツバサがでない。)』














LIVE後











『私は まだ 頂点ではないのね。』











さあ「LIVE凄かったね!!」











『ありがとう、でもまだ、』











さあ「違うよ。 ドレスだよ。」













『…え?』












さあ「ドレスがまだ完成していなかったから。」













『ドレス…かぁ、』

















『(ドレスを完璧にデザインしてみせる。)』
















そう決めた。














(内容グダグダです)