無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

347
2021/06/05

第13話

じゅうさん







.











『はぁぁ!?キューピットさんとぉ!?』












バトルステージをすることになってしまった。









『...これで勝てばまた上がります?』








マネ「8位にはなれるわ」 (※前回侮辱してきた人です)








『それならやるっきゃないよね』










とは言ったものの...










『新しいドレシア? 疲れるなぁ。』








『ドレスの形はだいたい決まってるからそれに合わせて決める...?』









ムーンタイプって意外と少ないよなぁ










『あ! 』












『ガラスパールさん!!』







パール「あら久しぶりね」






『新しいドレシアさんが必要で...!』








パール「相手の方はどんなタイプなのかしら?」








『ホロスコープ?だったはずです』









パール「あら、それならあの子がピッタリじゃないかしら」








『...!!
パールラビットさん!』








ラビ「??」







トンッ






ラビ「どうしたの??」



『あの... このドレスに力を欲しくて...』









ラビ「君,噂の子だね?
ふふっいいよ。 君はトップになるオーラも見えるよ。」








『ふふっ、私は必ずなりますよ
トップに 。』









ラビ「 あと スイングは幾つ持っているんだい?」








『あと1つです』








ラビ「じゃあこのドレスに似合う子を見つけておくからステージに行っておいで」








『はいっ!!』








パール「あなたはこのステージに勝ってランキングがあがるはずよ。
そして無敗でトップにいくはず。」







『...!』








パール「あなたならきっとできるわ。
私を信じて!」









『ふふっ,ありがとう!』











┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈











『...キューピットさん。 よろしくお願いしますね。』








キューピット「...あなた相当努力したようね。」









『そうみえますか...?』







キューピット「私も同じだからわかるわ。」








『そうなんですね。
私は 前にいた場所でトップだったのでここに連れられたのも その宿命を守るためなので,私は必ずトップになりますよ。』









キューピット「...抜かされるのね。
負けないわ。」










『私も負けませんよ。』













┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈