無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

愛犬
うるさい
俺には愛犬がいる
全くなついてなくって、いつも俺に吠えまくる
そんな愛犬が大っ嫌いだ
殺しちまおうか
そう俺は考えた
おい、犬!
ワンワンワン!
俺の言うことがきけないのか?
ワンワン!
ならばこうだ!
、、、
俺は愛犬を殺した
やっと静かになった
背後から声がした
ありがとう、犬を殺してくれて
これでやっとお前に近づくことができたよ