プリ小説

第8話

息子の予知
俺の息子は、時々、写真でも、画像でも、人の顔をずっと指差すという癖があった
最近知ったんだが、指をさされた人は3日以内に死ぬそうだ
ある日、テレビをつけようとしたら息子がテレビを指さしていた
テレビに映ったのは大物議員だった
あいつも死ぬんだ
俺はそう確信した

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

山猫
山猫
非現実的な話を書くことが多いです! いろんなジャンルを書いています! 書くペースが遅いですが、面白いお話を書ける ように頑張るので、よろしくお願いします! ツイッター始めました!↓↓ https://mobile.twitter.com/O1WWjbzpMTj05WR どうぞよろしくお願いします!! あと、小説のお知らせや情報など知りたい方は、「山猫 会話、リクエスト 、質問コーナー」で確認してください! よろしくお願いします!
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る