第7話

7
285
2023/11/10 11:00
〈阿部 亮平〉
阿部 亮平
はい、できたよ
そう言って机に持って来たのはサンドイッチ
深澤 辰哉
すげぇ〜
深澤 辰哉
阿部ちゃん器用だな
阿部 亮平
そう?
深澤 辰哉
なんか、阿部ちゃんの事全然知らないって言うかさ
深澤 辰哉
同期で人生の半分一緒に過ごしてきたのにさ
深澤 辰哉
阿部ちゃんの事何も知らなくて...なんか悔しいというか悲しいというか...
阿部 亮平
ふっか...
ごめん...


でも...話す訳にはいかない


バレたらきっとみんな離れてく


それが怖いの
幻想郷に戻ったとして誰と俺の事覚えてなかったら


この世界にいても皆が俺との関わりを断ち切ったら
ほんとに1人になっちゃう
それが怖い...


1人は...もう嫌だから
深澤 辰哉
ごめん、こんな事言って
阿部 亮平
ううん、俺こそごめん
阿部 亮平
そんな思いをさせてるなんて気づけなかったから...
いや...気づきたくなかったんだ


こうやって皆と過ごしたいのに


そんなものばかりが俺の頭の中をよぎる


期待はしたらダメなんだ


その期待は簡単に散ってしまうから
深澤 辰哉
阿部ちゃん
阿部 亮平
ん?
深澤 辰哉
ニコッて
阿部 亮平
えっ?
深澤 辰哉
すっごい暗い顔してて今にも死にそうだよ?
阿部 亮平
なっ!失礼じゃない?笑
深澤 辰哉
よしよし、笑ったね笑笑
阿部 亮平
もう..ほら!早くべて
阿部 亮平
一緒に出かけるんでしょ?
阿部 亮平
俺だけで行っちゃうよ
深澤 辰哉
それはダメ
深澤 辰哉
楽しみだったんだから
阿部 亮平
ほらほら〜
深澤 辰哉
ちょっ..待ってって笑
もう少しだけ


こうやって過ごさせて欲しい


ここに来た目的を忘れた訳ではない


だけど


色んな人に出会って


人の温かさに触れられたから


人間も悪い人ばかりじゃないって分かったから


こんなにも楽しく過ごせているのだから


もう少しだけ...


ほんの少しだけでいいから


今を生きさせて欲しい
幸せだから
この日常を壊したくないから


後悔のないように去りたいから


帰ることなんていつでも出来るから
大丈夫...


まだ大丈夫...
深澤 辰哉
阿部ちゃ〜ん
阿部 亮平
はいはい笑
大切な人たちの笑顔を


まだ...


これでもかってくらいに見たいの


二度と忘れられないように


ちゃんと目に焼き付けておきたいの














でも...












あんな事が起こるなんて












もうこの瞬間から
















幻想郷が壊れ始めてるなんて






思ってもいなかった








プリ小説オーディオドラマ