第6話

6
319
2023/10/27 11:00
〈阿部 亮平〉
阿部 亮平
んん
いつの間にか寝てたのか
ふと横を見ると布団を敷いてふっかが寝ている
そして俺には毛布がかかっている
気を利かして起こさなかったのか
時計を見ると2時を指していた
お風呂もまだだから入ろう
阿部 亮平
さすがに湯船は浸かりたくないな笑
あれからと約5時間ほどたったお風呂だ


温かかったはずの湯船は冷たかった
シャワーだけ済まして
俺はお風呂を出た
視界の中にはふっかがすやすやと寝ている
阿部 亮平
今日だけ...
いつか..ふっか達と別れることになる
二度と会えない日が来る
今日だけ...隣で寝させて
そうして俺はふっかの横に入って一緒に寝た





















深澤 辰哉
へぁっ?!
ふっかの聞いた事のない声と同時に俺は身を覚ました
深澤 辰哉
ちょちょちょえっ?えっ?
深澤 辰哉
おお、おおお落ち着け!
いや、ふっかがね
深澤 辰哉
なんで阿部ちゃんがいるの?
深澤 辰哉
隣なの?
深澤 辰哉
ん?ん?へ?
阿部 亮平
ん〜ふっかうるさい
深澤 辰哉
あ、おはよ
深澤 辰哉
なんで隣にいるの?
阿部 亮平
んぇ?
阿部 亮平
ダメだった..?
そんな顔で言われても..と言いながらふっかは俺を見る
隣で寝てるだけでそんなに焦るかなぁ
YouTubeで皆と寝てるのに
潔癖症だからかな〜
てか..なんで俺もふっかの隣にいるんだ..?
...あぁそうだそうだ
ふっかに会えなくなるかもしれないと思うと...


甘えたかったのかな
深澤 辰哉
ま..まぁ別にいいけどさ
深澤 辰哉
俺が持たないってうかなんていうか
ブツブツと何か言ってるけど
阿部 亮平
いいならいいでしょ?
阿部 亮平
今日ぐらいこうさせて...?
自分でも何をしてるか分からない
ふっかの腕を引っ張り布団に連れ込んだ
そして俺はふっかの腕を掴んだまま、もっかい寝た
深澤 辰哉
......え?

次に起きると時計は9時を指していた
阿部 亮平
んん...よく寝た
隣を見るとふっかはすやすやと寝ている
俺はふっかを起こさないようにして台所に向かった
朝..というより昼兼用になるのか
ふっかが起きてからでいいか
その間に机の上に出しっぱだった勉強を始めた
勉強を始めて1時間経った頃
深澤 辰哉
ん〜
ふっかが起きた
阿部 亮平
ふっかぁ〜?
深澤 辰哉
阿部ちゃ...?
阿部 亮平
おはよ
深澤 辰哉
おはよぉ〜
阿部 亮平
お腹すいてる?
深澤 辰哉
ん〜少し
阿部 亮平
りょーかい
机の上の勉強道具を片付け


俺はキッチンに向かい簡単なご飯を作った

プリ小説オーディオドラマ