無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

さん


涼真side






『ただいま~、』
















涼「おかえり~」




やっと帰ってきたよ、俺のお姫様



































あなたside




よし、言うぞ。






『涼真、』








涼「ん?」




























『愛してるゲームやらへん?』





















涼「なに急に」






涼「やだよ。あなたすぐ負けそうでつまんないもーん」


















悔しいっ...!!
















『は、はぁ?そんなすぐ負けへんし』











涼「じゃあ、やろ」







涼「俺からね、」























涼「愛してるよ」






『もう1回』




負けるもんか、











涼「あなた、愛してる」








『っっ、もう1回』



危ない危ない























涼「お前のことずっと愛してるからね耳元で

















『無理、参りました』



こんなん反則やって!!!!!













涼「ははっ、ほらね?笑」















涼「言うこと1つ聞いてくれる?」











『え、やだ。』











涼「あれ、女にしてって可愛く言ったの誰かな?」













『ちゃんと聞こえてたん!!?』













涼「当たり前、」





















涼真side



涼「当たり前、」




当たり前じゃん、

あれはあなたが急に大胆なこと言い出すから

理性保てなそうになったから、、








俺はあいつをベッドまで連れていく














next⇾🔞🔞🔞