無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

いち
サクシャ
サクシャ
はじめまして?

サクシャです、


サクシャ、涼真くんの大ファンなんです、


だから全て私の妄想ですね♡


まあ、楽しんでくだせぇ



涼真side



涼「あなた~、起きてー」



『いやや、絶対起きん。』




はい、俺の彼女です。


可愛すぎません!!?



中学の時にあなたが大阪から引っ越してきてからずっと一緒。



まあ、付き合ったのは高校の時だけど笑





涼「起きないと朝ごはん抜きだよ?」


『んぅ、、きす』


涼「へ?」


『きすしてくれたら起きる』


涼「っっ、チュッ」


『...//』


涼「自分で言っといて照れるな笑」


『やって~、ほんまにするとは思わへんやん!?』


涼「俺も男なんで?笑」


『くっそ~~!!!』


涼「男なめるなよ?笑」

涼「チュッ、クチュ」


『ふあぁ、んっ、、』



バカにした仕返しにえっろいキスしてやったもんね!




てか可愛すぎだし、















『好きや』





涼「......はっ!?!?
なに急に」



『なんとなく』




涼「俺は愛してるよ((耳元」




『あほ!ばか!ぼけ!』





『不意打ち禁止や!』



あなたの方が十分不意打ちですよって。



涼「ばーか」















楽しそうでしょ?💗