無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第268話

💕
7,818
2022/06/26 06:00



コンコンッ とドアをノックすると



ガチャッと扉を開けてくれるジンさん




部屋に招き入れられると


そのままソファに腕を引かれ


ジンさんの足の間に座らせられた



そのまま後ろから…ハグされる形に//





(なまえ)
あなた
…オッパ…?恥ずかしい…// 
JN
JN
なに…可愛いこと言うね?ㅎ
(なまえ)
あなた
もぉ…揶揄わないで…// 
JN
JN
からかってないよ…?
俺は本気で言ってるけど?ㅎㅎ
(なまえ)
あなた
………/// 






着実にジンさんからの言葉が


どんどん甘々になってきていた



なんだかジンさんの言葉は



直接心臓に届いちゃう…



そんな感じでくすぐったい。





こんな感情は初めてだった




JN
JN
はぁ…あなたが可愛いから
心が浄化されていくよ…ㅎ
(なまえ)
あなた
…本当に…ごめn…
JN
JN
だーめ、聞きたくないその言葉!
(なまえ)
あなた
……っ、
JN
JN
あなたからは明るい言葉だけを
聞きたいなーっ??ㅎ
(なまえ)
あなた
…たとえば??



うーーんって真剣に考えているジンさん


その姿が可愛すぎてしんどい


JN
JN
かっこいいとか…WWHとか…
可愛いもまぁまぁ嬉しいかな?
あとはねぇ……
(なまえ)
あなた
まだあるの?ㅎㅎ
オッパって意外と欲張りなんだねㅎ
JN
JN
ははっ、欲張り…かもね?ㅎ
ねぇあなたー?
俺のこと好きって言ってよ?
(なまえ)
あなた
…えっ…!?なに突然!// 
JN
JN
んー?いいから!聞きたいな?


きゅるんってしたかわいい顔で


全力でおねだりしてくる姿が


普段のジンさんからは考えられなくて



可愛すぎて…




仕方なく…渋々…ね?




(なまえ)
あなた
……好きだよ?オッパ…?//// 




なんて…柄にもなく言っちゃいました…//




JN
JN
〜〜〜っ///// 




なんかよくわからないけど

悶えてるジンさんを見てたら


笑いが出てきちゃって…ㅎㅎ



ずっと二人でよくわからないけど笑ってた



なんだかこの空間がすごく楽しくて


この時間が長く続けばなぁって


また柄にもなく思っていた