無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

過去 NOside
ー昼休み(屋上)ー
そらる
そらる
お待たせ~
天月
天月
全然待ってないですよー
寧ろ僕らも今来たとこなんで
まふまふ
まふまふ
もう!
遅いですよ!そら..彼方さん
そらる
そらる
おまっ..
いい加減慣れろよ、本名呼ぶの
そらる
そらる
ばれたらどーすんだよ
まふまふ
まふまふ
すっすみません!Σ( ̄□ ̄;)
天月
天月
ホントだよ~まふ君
中学の時みたくまたばれたら
僕らはもう学校来れないよ?
まふまふ
まふまふ
別にそれでも良くないですか?
僕、勉強なんてしたくない
そらる
そらる
少なくとも、俺は駄目なの
天月
天月
僕も
まふまふ
まふまふ
まぁいいや
取り敢えずご飯食べましょうよ
お昼休み終わっちゃいますよ
天月
天月
そーだね
そらる
そらる
食べようか
まふまふ
まふまふ
いっただっきまーす!
天月
天月
いただきま~す!
そらる
そらる
いただきます
まふまふ
まふまふ
うわ!美味しい
流石だな~僕
天月
天月
いや、作ったのまふ君じゃなくてまふ君のお母さんでしょ?
まふまふ
まふまふ
まぁね~
そんな感じで、仲良く弁当を食べているときだった。
あなた

(ガチャ

あなた

うわっ
他の人がいた...
失礼しました\(_ _)

そらる
そらる
........
まふまふ
まふまふ
........
天月
天月
...って、ちょっと待ってあなたちゃん!
いち早くその沈黙を破ったのは、天月だった。
そらる
そらる
おい、翔!
まふまふ
まふまふ
あーあ、翔君行っちゃいましたね┐( ̄ヘ ̄)┌
そらる
そらる
ってそんな呑気に言ってる場合じゃない
時間がないぞ!まふ急げ
まふまふ
まふまふ
えー、またですか?
そらる
そらる
とにかく急げ
そう言って、大急ぎで片付けるそらると急かされて渋々急ぐまふまふであった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆず
ゆず
よろしくお願いします🙇 誤字脱字等あると思いますが、頑張ります あと、一応受験生です。勉強の関係で、投稿が一時的にできなかったり、遅くなることもあると思いますが、大目に見てもらえると幸いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る